ギャラガー兄弟、デーモン・アルバーンが寵愛するUKロック・ファン注目の Jeff Wootton、日本デビューアルバムから2曲のスタジオ・セッション映像を公開!

ギャラガー兄弟、デーモン・アルバーンがその才能を認め、多くのロック・レジェンドたちと共演してきた知られざる実力派ミュージシャン、ジェフ・ウートン。ジョニー・マーやポール・ウェラーもゲスト参加して話題となった今月のノエル・ギャラガーのロンドン公演では、オープンニング・アクトも務めた若き才能が、満を持して日本でもリリースされるデビュー・アルバム『The Way the Light』から、アルバム冒頭の2曲「Sea of Sound」と「Venus」のスタジオ・セッション映像を公開した。

「Venus (Live At Studio 13)」

ノイジーなギター・リフとシンフォニックな音響をミックスしたインスト・ナンバー「Sea Of Sound」は、一聴してマイ・ブラッディ・ヴァレンタインやスピリチュアライズドのネオ・サイケデリックや、ストーン・ローゼズや『スクリーマデリカ』期のプライマル・スクリームのアシッドでトリッピーな感覚、はたまたマッシヴ・アタックやポーティス・ヘッドのアンビエントでダークなトリップホップへとリスナーの連想を導いていく。一方で「Venus」は、ウートンのメロディ・メイカーとしてのセンスがオアシスのようなビッグ・メロディを生み出しえるものであることも証明しており、90年代UKのギター・サウンド、その直系の後継者が登場したことを強く印象づける2曲となっている。

ジェフ・ウートンの1stアルバム『The Way the Light』は、10月5日(水)リリース!ボーナス・トラックとして、ニック・ジナー(ヤー・ヤー・ヤーズ)やブーチー・ブラウン(ファーサイド)が参加した「The Eternal Reconstruction」が追加収録され、解説と歌詞対訳が封入される。iTunesでアルバムを予約すると「Sea of Sound」と「Venus」がいちはやくダウンロードできる。また購入者特典としてタワーレコードでは3曲入りの初CD化音源、HMVではオリジナル缶バッジを先着でプレゼント!

The Way The Light [帯解説・歌詞対訳 / 国内盤] (BRC531)
ジェフ・ウートン
BEAT RECORDS / Sympathy For Vinyl (2016-10-05)
売り上げランキング: 33,906

注目作品


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function wpp_get_mostpopular() in /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-content/themes/blacksapphire/single-default.php:270 Stack trace: #0 /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-content/themes/blacksapphire/single.php(9): include() #1 /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-includes/template-loader.php(74): include('/home/moorworks...') #2 /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/moorworks...') #3 /home/moorworks/indienative.com/public_html/index.php(17): require('/home/moorworks...') #4 {main} thrown in /home/moorworks/indienative.com/public_html/wp-content/themes/blacksapphire/single-default.php on line 270