Tortoise のギタリスト Jeff Parker、ソロのギターアルバム『Forfolks』をリリース!

2021.12.01

Tortoise のギタリスト Jeff Parker (ジェフ・パーカー) がソロ・ギター・アルバム『Forfolks』を International Anthem / Nonesuch Records から 12/10 リリース!先行シングル「Suffolk」のミュージックビデオを公開しました。続いて公開された「Four Folks」は、パーカーが最初に作曲して1995年にレコーディングした曲で、1997年に Isotope 217 と、1998年に Tortoise とレコーディングした「La Jetée」を含む、アルバムに収録された6つのオリジナル曲の1つです。また、セロニアス・モンクの「Ugly Beauty」やスタンダード曲の「My Ideal」の解釈も収録されています。全く新しいオリジナル曲4曲は、ループを使った層状の作品で、メロディックな即興演奏と電子的なテクスチャーが融合しています。パーカーが言うように、「私は自分がさまようための音の世界を作り出そうとしている」のです。このアルバムは、グレーム・ギブソンが2021年6月に2日間かけてカリフォルニア州アルタデナ(別名ジェフの家)の Sholo Studio で録音しました。

収録曲「Four Folks」の試聴が開始

ジェフがソロで演奏するのを聴くのは特別なことだ」と、シカゴのベテランミュージシャンであり、パーカーと長年コラボレーションしてきた Matthew Lux は、『Forfolks』のライナーノートに書いています。

彼は異常に無欲な即興演奏家で,しばしばバンドメンバーの貢献をレイアウトしたり,強調したりします。彼は、何もしなくても十分なところで3つの音を演奏するような人ではありません。しかし、今回のレコーディングでは、彼は一人で参加しています。彼の頭の中で作られた音楽を具体化するために、彼自身のアイデアがループまたはフリーズされているだけです。この8つのセレクションで彼が音の世界全体を作り上げるのを聞くことで、パーカーがどのように音を注文しているのかを実際に知ることができます…彼はジャンル的な演奏を避け、音楽を彩るために絵画的なアプローチを選択し,明らかなスタイル上の操作で音楽を重くすることなく、深く個人的な声を維持しています。

『Forfolks』ストリーミング

このアルバムは、パーカーが2020年に発表し、高い評価を得た『Suite for Max Brown』に続くもので、Pitchfork は、「世代を超えた伝統と実験に満ちた、難なく詳細なアルバムである。」このアルバムは、ビルボードのカレント・コンテンポラリー・ジャズ・チャートで1位、米国のコンテンポラリー・ジャズ・チャートで2位を獲得し、ロサンゼルス・タイムズ紙は、「ジャズ、実験的な電子音楽、インストゥルメンタル・ヒップホップ、ジャンルを飛び越えたアバンギャルド・ロックなど、曖昧な領域を占める超越的な作品群…」と評しました。パーカーのアルバムは、「スカイラインを一変させる新築の高層ビルのような威厳をもって、トラックごとに上昇していく」と述べています。

パーカーは、シカゴを拠点とする5人組 Tortoise の長年のギタリストとして多くのファンに知られています。Tortoise は、1990年代初頭のアメリカのインディー・シーンで最も高い評価を受けた、サウンド的に冒険的なグループの一つです。ロック、ジャズ、エレクトロニック、アヴァンギャルドなどの要素を取り入れた、インストゥルメンタルで催眠的なサウンドは、30年以上にわたって多くのファンを獲得してきました。Tortoise のレコーディングやツアーの他に、パーカーは、Nonesuch レーベルの仲間であるジョシュア・レッドマンの2005年のアルバム「Momentum」に参加するなど、多くのジャズの巨匠たちのサイドマンとして、また、ブライアン・ブレイド、メシェル・ンデゲオチェロ、インターナショナル・アンセムの仲間であるマカヤ・マクレイヴンやロブ・マズレックなど、他のコンポーザー・ミュージシャンとのスタジオ・コラボレーターとして、そしてソロ・アーティストとして活躍しています。

関連記事
イベント情報
  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Sammy Hagar (サミー・ヘイガー) 来日公演