NYのサイケロック・バンド GIFT が Captured Tracks と契約して新曲「Wish Me Away」をリリース!

2024.04.11

NYブルックリンを拠点とするサイケデリック・ロック・バンド GIFT が Captured Tracks と契約してニューシングル「Wish Me Away」をリリース!2022年のデビューアルバム『Momentary Presence』以来となる新曲です。

NYの5人組ロック・バンド、GIFT は、COVID-19 のパンデミック直前に結成され、2022年のデビューアルバム『Momentary Presence』をその隔離された時期にレコーディングした。ありがたいことに、初期のシューゲイザー、90年代のクラシックなオルタナティヴ・ロック、そしてモダン・ポップさえもブレンドした目まぐるしい彼らの音楽は、その困難な時代をたちまち超越して、イギリスとアメリカの冒険心あふれるリスナーの耳を刺した。

そして今、ヴォーカリスト/ギタリストのTJ・フレダ、マルチ・インストゥルメンタリストのジェシカ・グレヴィッツとジャスティン・フラボフスキー、ドラマーのゲイブ・カマラノ、ベーシストのカラン・キャンベルからなる GIFT が、デビュー・アルバム以来1年半ぶりとなる新曲「Wish Me Away」を携えて帰ってきた。

耳に残るギター・ライン、推進力のあるリズム、魅力的なヴォーカル、そして心を広げるサウンドを持つ「Wish Me Away」は、『Momentary Presence』からGIFT が次に目指す場所への完璧な音の踏み台だ。この曲は、何もかもが遠ざかっていくように感じるときでも、目の輝きを失わないことができるということを思い出させてくれる。

「Wish Me Away」は、すべてが遠ざかっていく感覚に身を委ねることを歌っている。ただすべてを取り去って、私を不幸のどん底から救い出して、願い去って。すべてが困難で悲しいことのように思えるが、この曲には楽観的な感じがある。

「Wish Me Away」は、すべてが過ぎ去ってしまう可能性があることを知ることから生まれる恐怖と自由を反芻している。彼らではなく私を連れて行くという意味で、”wish me away” というセリフが何度も出てきた。

関連記事
イベント情報
  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!

  • Diane Birch (ダイアン・バーチ) 来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Montell Fish (モンテル・フィッシュ) 初来日公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演