Kate Bollinger、待望のデビューアルバム『Songs From A Thousand Frames Of Mind』を 9/27 リリース!

2024.05.31

Songs From A Thousand Frames Of Mind

シャーロッツヴィル出身でLAを拠点に活動するソングライター Kate Bollinger (ケイト・ボリンジャー)、待望のデビューアルバム『Songs From A Thousand Frames Of Mind』を 9/27 リリース!先行シングル「Any Day Now」のミュージックビデオを公開しました。Kate Bollinger の万華鏡のようなフルレングス・デビュー作『Songs From A Thousand Frames Of Mind』では、小さなディテールの中に世界全体がある。

Kate Bollinger は、「曲をレコーディングしているとき、その曲が追求する価値があるかどうかの目安は、それに合わせて頭の中で映画が見られるかどうかだ」と語る。古典的なポップ・ソングクラフトとパンクの直感を融合させたボリンジャーは、コラージュのようなヴィジョンを描き出す。家庭的なフォーク・ソングから、ホープ・サンドバルがフロントマンを務める初期ローリング・ストーンズのような温かみのあるサイケデリック・ロックまで、このアルバムは、クールな友人のレコード・コレクションをめくり、発見するたびに新しいお気に入りの曲を見つけるような気分にさせてくれる。

先行シングル「Any Day Now」のMV公開!

この壮大なスタイルの融合を生み出すために、Kate Bollinger は何年もかけて素材を育て、生まれ故郷のヴァージニアからカリフォルニアまで全米を移動しながら、新しいコラボレーターとの仕事に挑戦した。初期のEPやソロ・パフォーマンスのような密閉されたアプローチを進化させ、彼女は直感的な反応とその場のエネルギーに基づく充実したサウンドにたどり着いた。

私の好きな音楽のほとんどは、友人や長い付き合いのプレイヤーたちが集まって、その部屋でライブ演奏した結果なのだと思うようになったの」と彼女は言う。無限のフックと乱暴に変化するテクスチャーを武器にする Kate Bollinger は、まるで存在しない映画のサウンドトラックや風景を作り上げるアート映画監督のように、ソングライターのように思えることもある。(ふさわしく、Kate Bollinger は大学で映画を学び、ジェシカ・プラットの最近のシングル 「World on a String 」の印象的なミュージックビデオも監督している)。

このアルバムのハイライトは、ジャングル・ポップの名曲「Any Day Now」やシアトリカルな「I See It Now」など、スペースボム・レコードの首謀者 Matthew E. White との共作だ。リッチモンドとロサンゼルスで数ヶ月間作曲をした後、Kate Bollinger はニューヨーク北部を訪れ、同じように親交を深めたプロデューサーの Sam Evian (Big Thief、Blonde Redhead、Cass McCombs) とレコーディングを行った。

長年の友人でありドラマーの Jacob Grissom とともに、Françoise Hardy や the Velvet Underground のような60年代のアイコンから、No Doubt や Pavement のような90年代のタッチポイントまで、彼女の幅広いインスピレーションにマッチする、結束の固いコラボレーション・グループを形成した。

ある意味、このアルバムは私の音楽デビュー作のような気がする。

Kate Bollinger にとって、この異質な素材間の結合組織は、しばしば言葉にはならないが、常に深く感じられるものである。

曲作りは夢を見るようなもの。どちらも、私がまだ意識していないことを明らかにしてくれる傾向がある。アルバムのタイトルは、ほとんどの曲が出来上がる前に考えたんだけど、私の音楽の多くに起こりがちな、自己実現的な予言になったわ。

作詞家としての Kate Bollinger は、繊細なイメージと超現実主義的な意識の流れに沿った語り口で自分自身を表現し、聴き手が自分なりの解釈にたどり着けるようにしている。恋愛関係の栄枯盛衰に触れるとき、彼女の文章にはほとんど治療的な特質がある。軽快で共感的な「To Your Own Devices」では、太陽の光が降り注ぐメロディーにのせて、二人称的な観察が語られる。

今、あなたはピンチに陥っている/鏡があなたをたじろがせる」と彼女は歌う。「そして今までずっと、あなたは意味がわからなかった?」オープニングの「What’s This About (La La La La)」では、Kate Bollinger と彼女のバンドは、Elephant 6 コレクティヴの神秘的なポップスの巨匠たちと肩を並べるような、漫画のような気まぐれの感覚を呼び起こす。その積み重ねが、ボリンジャーの視野の広さを明らかにしている。

私は相反するもののバランスが好きなの」と彼女は言い、ソングライター兼バンドリーダーとしての彼女の優しいアプローチは、これらの並置を、友人と歌うように自然に感じさせる。また、「I See It Now」のドラマチックなアウトロには、酒場でのクライマックス対決にふさわしい躍動的なエネルギーがあり、爽やかでサイケデリックな「Postcard From A Cloud」は、Teenage Fanclub と Broadcast の夢の世界でのコラボレーションのようで、彼らのベン図の温かくメロディアスな中心を見つけることができる。

はかなさと変化の時期に書かれた『Songs From A Thousand Frames Of Mind』は、まるでミックステープのように、一人の人間から他の人間へと丁寧に作られ届けられる。この音楽をリスナーと分かち合うにあたり、Kate Bollinger は彼女自身が形成した芸術との出会いからインスピレーションを得た。兄たちの初期の音楽プロジェクトを静かに崇拝したり、シャーロッツビルの地元のライヴに参加して自分で曲を書く力を感じたり、年上の同級生から焼いたCDを譲り受け、別の世界への入り口を見つけたり。

友人の Emma Collins と Evangeline Neuhart と映像の伴奏を担当した Kate Bollinger は、このプロジェクト全体が同じように共同的で直感的なものに感じられることを保証している。一生分の音楽的つながりを11曲という簡潔な曲に昇華させた『Songs From A Thousand Frames Of Mind』は、デビュー・アルバムとしては稀に見る目的意識と野心に満ちており、居心地の良い親しみやすさを感じさせながらも、驚きに満ちている。そして、優しく遊び心に溢れ、感情的に響く演奏の中で、Kate Bollinger は誰よりも神秘に魅了されているように聴こえる。

関連記事
イベント情報
  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • While She Sleeps 来日公演

  • Itasca の初来日公演が決定!

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!