Kate Bollinger、ジャック・デュトロンのカバーシングル「J'aime les filles」をリリース!

米バージニア州を拠点に活動するベッドルームポップ・アーティスト Kate Bollinger (ケイト・ボリンジャー) がニューシングル「J’aime les filles」をリリース!Kate Bollinger は、ヨーロッパを巡るソロツアー『Planes and Trains』と、1967年のフレンチポップスの名曲、Jacques Dutronc (ジャック・デュトロン) の「J’aime les filles」のカバーで今年をスタートします。このカバーシングルについて彼女は以下のように話します。

ジャック・デュトロンが大好きで、以前からこの曲を歌いたいと思っていたんです。普段、私はカバー曲は原曲から大きく離れるのが好きなのですが、この曲は違うと思いました。ジャックバージョンにかなり忠実でいたかったんだ。

この曲は Jonathan Wilson の Topanga Canyon のスタジオで録音され、Wilson がパーカッションで、Drew Erickson がピアノとオルガンで参加している。Grant Milliken のビブラフォンのフレーズが、Kate Bollinger の甘い歌声に混じって、上を滑るように流れていく。Kate Bollinger は、2022年の大半をツアーで過ごし、Faye Webster と L’imperatrice のサポート公演や、初のヘッドライナー・ツアーを行った。2023年1月のヨーロッパ公演に続き、Kate Bollinger はフルバンドのセットアップに戻り、3月の Tennis のUSツアーに参加する予定だ。