Grayson Gilmour、6年ぶりのニューアルバム『Holding Patterns』をリリース!

2023.08.30

ニュージーランドのアーティスト Grayson Gilmour (グレイソン・ギルモア)、6年ぶりのニューアルバム『Holding Patterns』を Flying Nun Records から 11/3 リリース!ニューシングル「Maat Mons」のミュージックビデオを公開。Grayson Gilmour は受賞歴のあるソングライター、映画音楽作曲家、パフォーマーです。ソロ・アーティストとして、またポストパンク・バンド So So Modern の一員として国際的なツアーを行い、世界中のレーベルから作品をリリースしている。前作『No Constellation』(2010年)、『Infinite Life!(2014年)、『Otherness』(2017年)に続き、今度のアルバム『Holding Patterns』は、Grayson Gilmour にとってニュージーランドのインディー・レーベル、Flying Nun Records からリリースする4枚目のフルアルバムとなる。

Sandu Ndu をフィーチャーした「Day Moon」のMV公開!

グレイソンの音楽の旅の原動力は好奇心である。多面的な前作『Otherness』(360°ミュージックビデオとWEBサンプラー付き) をリリースし、批評家たちから高い評価を得た彼は、現在、映画音楽プロジェクトやライブ・パフォーマンスの合間に、マッセイ大学のクリエイティブ・アーツ・カレッジで講師を務めている。2017年に『Otherness』をリリースして以来、グレイソンは2児の親となった。『Holding Patterns』には、そのような要素も含まれているかもしれないが、グレイソンは、子育てという激動の中でも踊れるような、リズミカルな音楽を作りたかったのだ。

音楽は私にとって、常に逃避の一形態であり、ある種の救済策である。パンデミックによる封鎖の間、眠っている赤ん坊の周りをつま先立ちで歩き回りながら、私が本当にしたかったのは大声を出すことだったと思う!幸運なことに、このエネルギーを音楽に注ぐことができた。

アルバムのタイトルとして『Holding Patterns』に惹かれたのは、自分が親としてどうあるべきか、どうありたいかを考えている間、自分の人生を保留にしている感覚を表していたからなんだ。その意味は多面的で、本質的に親密でありながら、ほろ苦くもあり、一時的で、はかないものなんだ。

収録曲「Here We Are」のMV公開!

様々な楽器を使うことに興味を持った Grayson Gilmour は、『Holding Patterns』には実質的にギターを使わないことを保証した。従来のピアノや鍵盤のパートは、最終的に管楽器や弦楽器、奇妙なシンセサイザーのテクスチャーにアレンジされた。その結果、『Holding Patterns』はアーティストにとってこれまでで最もコラボレートしたアルバムとなった。インストゥルメンタルの「Holding Patterns」は、実際にスタジオで完全に即興で組み立て直された。さらに、彼が多くの人をアルバムに招けば招くほど、アルバムはより楽しいものになった。

グレイソンは数年前、『Juxtapoz』誌の特集で Bryce Wymer のアートに出会い、すぐに親近感を覚えた。彼は、『Holding Patterns』のアルバム・アートワークをブライスに依頼し、視覚と聴覚の関係は完璧な組み合わせであることが証明された。

『Holding Patterns』ストリーミング

パンデミックや在宅勤務の副次的な効果のひとつは、突然人に連絡を取ることに抵抗がなくなったことだと思う。ブライスはすぐに乗り気になってくれて、音楽の趣味や、陳腐なハードコア・バンドへの恥ずかしい同情など、多くのことを共有しながら、とてもうまくやっていけたよ。

関連記事
イベント情報
  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!