アイルランドのクィアコア・バンド Problem Patterns、デビューアルバム『Blouse Club』を 10/27 リリース!

2023.08.30

アイルランド・ベルファストのポストパンク/クィアコア・バンド Problem Patterns (プロブレム・パターンズ)、デビューアルバム『Blouse Club』を Alcopop! Records から 10/27 リリース!先行シングル「Who Do We Not Save?」のミュージックビデオを公開。Problem Patterns は言いたいことがあり、それを大声で言おうとしている。フィルターにかけず、生々しく、絶対的な生命力を持つクィアコア・カルテット、Problem Patterns は怒っている。Problem Patterns がパンデミックの合間に再会したとき、彼らはミッションの方が重要であり、怒りは特別に重要であることに気づいた。これはきっと、パンクロックの時代だったのだ。

収録曲「Lesbo 3000」のMV公開!

Problem Patterns は、年齢や能力、二元的なアイデンティティによって制限されることはない。彼らはフロントを持たず、グループのメンバーそれぞれが声を出せるように楽器や役割を交換している。彼らはクィア・パンクを支持し、Queen Zee、JOHN、Pink Suits、そして間もなく登場する Bob Vylan とツアー・スケジュールを共有している。

収録曲「Letter of Resignation」のMV公開!

彼らは、Gender Chores や Strange New Places を含む、ベルファストの協力的な音楽コミュニティの一員である。ライブは祝祭的で高揚感がある。楽しさとポジティブな大混乱の発生は、経験の一部である。バンドはビキニ・キルとライオット・グラール・ムーブメントに憧れ、後にマンチェスターとグラスゴーで (Bikini Kill) サポートしたアーティスト、Kathleen Hanna とオンラインで会話するようになった。

Kathleen Hanna は、バンドとしての信頼と自信を与えてくれた。私たちは、これまで以上に “fuck it” するようになった。私たちはすでにそれを持っていた。パンクはプロテスト・ソングを提供し、感情を解放してくれる。今現在起きていることについて話しているんだ。常にね。

関連記事
イベント情報
  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024

  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • While She Sleeps 来日公演