オーストラリアのポストパンク・バンド RVG、ニューアルバム『Brain Worms』をリリース!

2023.03.01

RVG

Photo by Izzie Au

オーストラリア・メルボルンのポストパンク/ニューウェーブ・バンド RVG、ニューアルバム『Brain Worms』を Fire Records から 6/2 リリース!先行シングル「Nothing Really Changes」のミュージックビデオを公開しました。明るく、自由で、断固とした、楽観的な、現代にとって極めて重要なレコード。本作『Brain Worms』は RVG の最も完全で、最も原始的なアルバムです。『Brain Worms』全体を通して、このバンドが非常に好調であることが明らかだ。アルバムのオープニングを飾る「Common Ground」は、これから始まる曲の方向性を示すもので、RVG の愛する特徴をすべて備えた、ピカピカでスリリングでパンチの効いたアルバムだ。

先行シングル「Nothing Really Changes」のMV公開!

リード・シンガー兼ギタリストの Vager の声は、彼女の巧妙で皮肉な歌詞を伝えるとき、これまで通り無垢で堂々としている。しかし、このアルバムでは、その歌詞は憧れに対する諦めを感じさせず、より反抗的で喜びに満ちたものとなっている。「Tambourine」は、Vager が「Covid の曲を書かないようにしていた」ときに書いた唯一の Covid の曲で、孤立の中で悲嘆にくれる様子を痛々しいほど正直に描いている。表題曲の「Brain Worms」は、インターネット上のウサギの穴に落ちた人が陰謀に慰めを見出すという、あまりにもよくある話だ。「Nothing Really Changes」は鍵盤を多用したニューウェーブ的なもので、クローズの「Tropic of Cancer」は Vager の自信に満ちた新しいマニフェストで輝きを放っています。

私は自分がどんな人間か知っているし、自分がどうなるのかも知っている。私がどんな人間なのか、どうすればいいのか、わかっている。

収録曲「Midnight Sun」のMV公開!

Bloxham、Nolte、Wallace は、ベイジャーのソングライティングに生命を吹き込むことに完璧に成功している。Nick Cave & Warren Ellis、PJ Harvey の James Trevascus と共にロンドンの Snap Studios で録音された10曲は、豊かなサウンドと明確な意図、そしてかつて Kate Bush が所有し、Tears for Fears から贈られた (伝説では、このギターで「Everybody Wants to Rule the World」を作曲した) 魔法のアコギで盛り上がりをみせています。

収録曲「Common Ground」のMV公開!

リード・シンガー兼ギタリストの Vager、ギタリストの Reuben Bloxham、ドラマーの Marc Nolte、ベーシストの Isabele Wallace の4人のバンドメンバーは、RVG でこれまでで最も自信を感じているはずです。彼らは影響を受けたものを乗り越え、自分たちを押し出し、新しいことに挑戦してきました。そして、どう考えても自分たちのベストと呼べるレコードを作りました。

『Brain Worms』ストリーミング

『Brain Worms』は、ポスト・パンデミックのレコードが容易になり得るものに対するアンチテーゼのように感じられる。「最初の2枚のアルバムでは、鬱で外に出なかったんだ」と、すでに引きこもりについて音楽を書いていたバンドにとって、強制的な孤立と考える時間は、Vager が望むものについて書くスペースを与えてくれたのである。そして、結局のところ、彼女は受容について書く準備ができていた。2018年に Fat Possum Records から発表したデビューアルバム『A Quality of Mercy』に続く4年ぶりのセカンドアルバム。

関連記事
イベント情報
  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • ジルベルト・ジル「アケリ・アブラッソ・ジャパンツアー 2024」の開催が決定!

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!