ロンドンのダークなニューウェイヴ・バンド Talk Show、新作EP『Touch The Ground』をリリース!

2022.08.24

ロンドンのダークなニューウェイヴ/ポストパンク・バンド Talk Show (トーク・ショー)、新作EP『Touch The Ground』を Missing Piece Records から 9/23 リリース!このEPは、Hot Chip の Joe Goddard と Al Doyle が共同プロデュースを手掛け、元屠殺場だった場所にあるハックニーにある彼らのスタジオを使用してセッションが行われた。先行シングルの「Cold House」は、2000年代初頭のニューヨーク・インディーに傾倒しており、フロントマンの Harrison Swann は次のように述べています。

先行シングルの「Cold House」のMV公開!

ニューヨークから発信される90年代のバンドに焦点を当てた、ダークではないビッグなものを書きたかったんだ。彼らは本当に楽しんでいたよ。正直なところ、これを観客の前で演奏するのが待ち遠しいよ…

ロンドンを拠点にする Talk Show は、ボーカルの Harrison Swann、ギタリストの Tom Holmes、ベーシストの George Sullivan、ドラマーの Chloe MacGregor の4人組。世界的に有名な芸術大学ゴールドスミス・カレッジの学生として出会ったが、Covid-19 の影響で2年間バンドの活動が停止していた …

収録曲「Leather」のMV公開!

バンドはエレクトロニック・ミュージックの伝説的なアーティスト Hot Chip と一緒に仕事をすることに興奮し、自分たちの音の限界を押し広げるよう勧められることを望んでいた。「彼らは新鮮なテイクと新鮮なアイデアを求めている」と Chloe は言います。Hot Chip のデュオがバンドに即興演奏を促した結果、新しいEPのイントロとアウトロは、豊かでありながらローファイなものとなりました。

収録曲「Underworld」

その結果、『Touch The Ground』は6曲入りで、Talk Show がパンデミック以前にその名を馳せ始めたポストパンクのサウンドは一新された。「Cold House」は、The Rapture の「House of the Jealous Lovers」のインスピレーションを受け、「それをそのまま表現したものを作りたい」という彼らの願望を反映したものである。「Leather」は彼らが最後に書いた曲で、EPのダークホースと表現している。

『Touch The Ground』ストリーミング

バンドは『Touch The Ground』を、大胆になることを決めた自分たちを祝福する曲だと考えている。「もし古いものを捨てたら、新しいものはもっと良いものでなければならないと思った。

最終日、僕は外に出て、今までで一番楽しかったと思ったことを覚えている。もう、止まったりスタートしたりすることはない。今、彼らが計画しているのは、Hot Chip のセッションから引き続き、よりハードでラウドな、よりインダストリアルでダンスフロアにフォーカスした音楽を追求することだ。スプリンターがレースを始めるためにしゃがんでいる時のような感じにしたかったんだ。

と Harrison は言う。

関連記事
イベント情報
  • Itasca の初来日公演が決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • Niall Horan (ナイル・ホーラン) 来日公演

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER

  • Marcin 来日公演