Angel Deradoorian と Kate NV によるデュオ Decisive Pink、デビューアルバム『Ticket to Fame』をリリース!

2023.03.01

Decisive Pink

Photo by Sasha Kulak

アート・ポップの旗手 Dirty Projectors の元メンバー Angel Deradoorian (エンジェル・デラドリアン) とモスクワ在住のソングライター Kate NV (ケイト・NV) がタックを組んだデュオ Decisive Pink がデビューアルバム『Ticket to Fame』を Fire Records から 6/9 リリース!先行シングル「Haffmilch Holiday」を発表した後、二人は歓喜の声を上げメディアは以下のように評価しています。

先行シングル「Haffmilch Holiday」の試聴が開始!

Kate Bush の「Waking the Witch」を思い起こさせる宇宙時代のダンスフロアのような曲 – The Guardian

実質的で徹底的に催眠的 – ニューヨークタイムズ

とシングル曲を高く評価しました。Kate NV の実験的なポップセンスと Angel Deradoorian の雰囲気と異世界のテイストを取り入れ、Decisive Pink は遊び心と抽象的で、逃避と魅惑のために作られたアルバムを作り上げました。エレクトロニックポップの最高峰であるこのデビュー作は、人生はパズルであるが、それでも生きることで多くのことを得ることができるという事実を指し示しています。

収録曲「Destiny」のMVを公開!

「Destiny」は信念の本質をスマートに表現しており、質問と答えの形式で、Angel が予見者、Kate が探求者としての役割を担っています。ポップなビートは、『Remain in Light』に収録されている Talking Heads の「The Great Curve」を彷彿とさせる。また、Will Powers の「Kissing with Confidence」のような不吉なテイクもある。シンセのキー、スクルーズ、トゥーツは、イニシエイトの臆病な肯定のように聞こえます。

収録曲「Ode To Boy」のMVを公開!

『Ticket to Fame』は、雰囲気も音色も恥ずかしげもなくロマンチックです。例えば、インストゥルメンタル曲の「Rodeo」では、温かみのあるシンセサイザー、メランコリックなギターパターン、ヒスノイズのリズムが、ボーカルの断片と組み合わさって、心地よい思索を形成しているのです。そして、完璧なポップトラックである「Ode to Boy」がある。この曲は、”普通の男の子” (間違いなく「火に酔った」男の子) が部屋に入ってくるところから、最初は異なる、そして短くなったシンセのパターンが、愛の力を肯定する輝かしいものへと発展していきます。

収録曲「Dopamine」のMV公開!

『Ticket to Fame』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • Cory Wong 単独来日公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • リバーダンス、9年ぶりとなる来日公演「Riverdance Japan 2024」が決定!

  • While She Sleeps 来日公演