ロンドンのロックバンド Shame、3rdアルバム『Food for Worms』を 2/24 リリース!

ポストパンクから脱却したロンドンのロックバンド Shame (シェイム)、3枚目のアルバム『Food for Worms』を Dead Oceans から 2/24 リリース!先行シングル「Fingers of Steel」のミュージックビデオを公開。本作『Food for Worms』は、ある種の病的な要素を思い起こさせる一方で、人生を祝福するものでもあります。このアルバムは、友情への賛歌であり、共に成長し、あらゆる困難を乗り越えてここまで親しくなった5人だけが共有できるダイナミズムの記録でもあるのです。

このアルバムは、これまでの彼らの作品とは一線を画すサウンドを実現しています。ポストパンクから出発した Shame は、Merchandise の緊迫した雰囲気、Lou Reed (ルー・リード) の鋭くもシンプルな叙情的観察、90年代のドイツのバンド Blumfeld (ブルームフェルト) のメロディックな作品など、はるかに多様な影響を受けています。

彼らは、有名なプロデューサーである Flood (Nick Cave、U2、PJ Harvey、Foals) に彼らのビジョンを実行するよう依頼しました。各トラックをライブでレコーディングすることは、ある種の降伏を意味する。ここでは、ラフなエッジがアルバムに質感を与え、ミスは完璧であるよりも興味深いものである。ある意味、このアルバムはタイトルそのものであり、バンドが弱さを受け入れ、そうすることで新たな勇気の源に触れていることを示唆している。

このアルバムは、初めて完全なライブ録音が行われた。バンドはヨーロッパ中のフェスティバルで演奏しながら『Food for Worms』をレコーディングし、彼らの新曲が受けた反応の強さに活気づけられた。そのライブのエネルギー、つまり本領を発揮する恥部を目の当たりにするような感覚は、瓶の中の稲妻のようにレコードに完璧に収められている。