ロンドンのロックバンド The Big Moon、3rdアルバム『Here Is Everything』を 10/14 リリース!

ロンドンのロックバンド The Big Moon、ニューアルバム『Here Is Everything』を Fiction から 10/14 リリース!先行シングル「Wide Eyes」のミュージックビデオを公開。アルバムのテーマは、母性、子育て、出産、ロックダウン、友情、そして愛です。今、店頭やストリーミングサービスに並んでいる多くのレコードと同様に、『Here Is Everythingは、パンデミックによる閉鎖の重圧と心配の中で考え出されたものです。

先行シングル「Wide Eyes」のMV公開!

世界はひっくり返り、裏返された。毎日が前と同じように繰り返される中、生活は激変した。だから、Covid は私たちの頭上にしっかりと布団をかけ、その上に座って、私たちが息ができないほど悲鳴を上げる一方で、新しい命を迎えるためのあり得ない背景でもあったのです。ボーカルの Juliette Jackson は、家賃を払うために Zoom でギターの弾き方をファンに教えていたが (その中にはコートニー・ラブの姿も)、最後には小さな人間の母親となったのである。

「Wide Eyes」のライブ映像が公開!

『Here is Everything』は、その弱くも力強い赤ん坊の誕生と、この弱くも力強い母親が感じた興奮と恐怖を、リアルタイムで記録している。一方、残りのバンドはスタジオで倍増し、Juliette が作った曲の骨組みを取り入れ、一丸となって前進し、生来の目まぐるしい一体感を味わいながら、本当に素晴らしい曲の数々を作り上げました。

このアルバムは、純粋で高揚感のある集合的な喜びの歌である「Wide Eyes」で紹介された。この曲は、まるでバンドが人生の最高潮を迎えているような、そしてどんな困難にも打ち勝っているようなサウンドだ。The Big Moon のようなサウンドでありながら、それ以前のどの音楽とも違う。『Here Is Everything』はほとんどセルフプロデュースで、Adam Cecil Bartlett (Self Esteem、Jehnny Beth、PJ Harvey) とグラミー賞受賞プロデューサー、Ben Allen (Gnarls Barkley、Deer Hunter、Walking Like We Do のプロデューサー) の指導と専門的な知識を得ています。

tracklist:
1. 2 Lines
2. Wide Eyes
3. Daydreaming
4. This Love
5. Sucker Punch
6. My Very Best
7. Ladye Bay
8. Trouble
9. High & Low
10. Magic
11. Satellites