カナダのエクスペリメンタル・トリオ Braids、5枚目のアルバム『Euphoric Recall』を 4/28 リリース!

カナダのエクスペリメンタル・トリオ Braids

Photo by Mélissa Gamache

カナダ・カルガリー出身モントリオールを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップ・トリオ Braids、通算5枚目となるアルバム『Euphoric Recall』を Secret City Records から 4/28 リリース!先行シングル「Evolution」のミュージックビデオを公開しました。自由で全く新しい作品である5枚目のスタジオアルバムは、Braids が戦略を捨て、焼き尽くし、そして愛の記録を実現したことを発見する。愛、そのすべて、束縛されない至福、芽生えつつある衝動、そして厄介な不完全さ、大胆でメロディック、シンフォニックなポップソングの組曲に渦巻く超新星は、現在に委ねられる。新曲「Evolution」は、この澄んだ瞳と穏やかなアンセムは、広大なペースの中で、このアルバムに地に足の着いた概念を与えている。

先行シングル「Evolution」のMV公開!

新曲について、シンガー/ギタリストの Raphaelle Standell-Preston は、「Evolution」について以下のように述べています。

「Evolution」はそれ自体、忍耐強い行為です」と述べています。人間の感情のすべての領域を構成する個々の自己の追求は、自分自身、愛する人たち、そして私たちを愛する人たちからの忍耐の意図と行為によって甘美なものになる。

昨年、Braids は「Retriever」という甘美で蛇行した9分間の旅で次のアルバムを予告した。「愛と友情の感情はシンプルだが、豪華なアレンジと質感の実験では複雑」と彼らは言っている。Brooklyn Vegan、Under The Radar、Stereogum に取り上げられ、”広大なランタイムの中で構築され滑空する” と評されました。

愛と癒しの複雑さは Braids にとって新しいテーマではないが、彼らがここでそれを見、感じ取ることができるのは、その視点である。Standell-Preston は、次のように話す。

心のスペースをどのように開拓するかは、あなたが追求していることの結果にとって極めて重要です。安全で、愛されていると感じ、愛することを意図しているところから行動しているとき、私たちは本当に興味深い場所にアクセスすることができると思うのです。

彼女は作詞家として、この心の空間から惜しみなく作品を生み出し、しばしばその場で、ほんの数回のテイクで作品を書き上げます。そのセリフは鮮烈で、爽快で、刺激的で、自分を十分に理解し、その瞬間に関与していることを示す直接的なものです。曲が生まれるにつれ、リズムとテクスチャーはより明るく、ゆるやかになり、生命に満ち溢れるようになりました。

モントリオールのスタジオ、Studio Toute Garnie で作曲、録音、セルフプロデュース、ミキシングを行った『Euphoric Recall』の音楽は、急がず、急がず、瑞々しくもその場の透明感でとらえたものです。各要素が織り成す豊かな世界は、混ざり合うことなく陰を落としている。Austin Tufts は Devon Welsh や Tess Roby などのレコードをプロデュースした後、セッションに研ぎ澄まされた耳を持ち、微妙なバランスやジャズの要素を取り入れたカタルシスなど、曲が彼のドラムに何を求めているかを感じ取っている。

Taylor Smith は、ソロでの実験とスタジオワークの深みから、常に徹底したマルチインストゥルメンタリストであり、サウンドデザイナーとして、楽しさと前進するマインドを再認識して登場しました。Standell-Preston は、このアルバムのテーマである官能性とともに、クラブ志向のプロジェクトであるブルーハワイの鼓動を伝え、より直感的にグルーブする新曲を求めるという共通の欲求を加えている。

また、このアルバムの初期には、ストリングスの伴奏が必要であることもわかっていた。Edwin De Goeij (数曲でピアノも弾いている) がストリングスをアレンジし、チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリンのアンサンブルに仕上げた。クラシック音楽のトレーニングを積んだ奏者たちは、前衛的な構造の自由さに魅了され、その結果生まれた華やかさは、「曲を守る毛布や小さな手のように」アルバムを貫く、と Standell-Preston は言う。

Braids はアルバムを出すたびに、創造的な自己を再生してきました。モントリオールのトリオは直感的に動き、手放すことをいとわず、互いを信頼することに根ざした感情的な正直さと細心の技術を活用し、フルアルバムの空間に完全に没頭しているのです。彼らの芸術を探求するためのこの献身は、過去10年間の現代のエクスペリメンタル・ポップにおいて、より大胆で流動的なカタログのひとつを作り出しました。彼らは自分たちのストーリーを一連の行動と反応として捉え、開放的な自由さとプロセス重視の正確さの間で振り子のように揺れ動く集合的な表現をしているのです。