Kaitlyn Aurelia Smith & Emile Mosseri、コラボ・アルバム『I Could Be Your Dog (Prequel)』をリリース!

ワシントン州オーカス島出身、現在はLAを拠点に活動しているプロデューサー、コンポーザー Kaitlyn Aurelia Smith (ケイトリン・アウレリア・スミス) が、作曲家の Emile Mosseri (エミール・モッセリ) とコラボレーションした、Kaitlyn Aurelia Smith & Emile Mosseri 名義のアルバム『I Could Be Your Dog (Prequel)』を Ghostly International から 9/15 リリース!先行シングル「Log In Your Fire」のミュージックビデオを公開しました。「彼の音楽は、世界とつながりたいという衝動で私を満たしてくれました。」と、Kaitlyn Aurelia Smith は Emile Mosseri について語っています。彼女が初めて彼の作品を聴いたのは、2019年公開の映画『The Last Black Man In San Francisco』を見ているときでした。

収録曲「Moon In Your Eye」のMV公開!

ほんの数分後、彼女は映画を一時停止して、誰がスコアを担当したのかを調べ、すぐに彼に手紙を書きました。「魔法のような景色と、人生を愛する無邪気さを思い出させてくれるような親しみやすさを感じるメロディーを作るエミールの能力が大好きです。」その才能が認められ、2020年には映画「Minari」のモッセリのオリジナルスコアでオスカーにノミネートされました。すでにスミスのファンだった彼は、話をしていくうちに彼女の印象的なプロセスにますます興味を持つようになりました。「その音楽は、とてもスピリチュアルで、生き生きとしていて、大地から作られたものだと感じます」とモッセリは言います。

私は彼女を、機械のオーケストラから音楽的な詩を引き出す偉大な指揮者だと思っています。」2部構成のコラボレーション・アルバムの第1弾である『I Could Be Your Dog (Prequel)』では、2人のサウンドが不思議なほどに融合しています。シンセサイザー、ピアノ、エレクトロニクス、そして声を使って構成されたこのソフトフォーカスの夢の世界は、みずみずしく、喚起的で、儚いものです。この作品は、2人の作曲家がそれぞれのスタイルを内向きに調整し、お互いのインスピレーションを讃え、人間の精神と人生の流れに身を任せる意志を称えています。

スミスとモッセリは、文通を始めた当初、ロサンゼルスで隣り合っていることに気づき、何度かハイキングで会ったことがありました。その時の会話がきっかけで、メールで音楽のやり取りをするようになりました。モッセリは、スミスのカタルシスに満ちたシンセサイザーのラインの中に、抑揚をつけてハーモニーを奏でています。叙情的なこの曲は、美しく、自由な感情を表しています。モッセリは、「私にとって、誰かの火の中の丸太になるということは、手放すことであり、その気持ちに身を任せることです」と語っています。そこから2人は、音楽の基盤となる一連の楽曲を作曲し、遠くからファイルを交換しながら、2020年の遠い日に向けて最終的な展開を育んでいきました。スミスは、この共同作業の経験を、庭を作り始めるときのワクワクするような不確実性に例えています。「成長を促すためにできることをしながら、実際に何が育つのかという驚きのプロセスを楽しんでいます。

『I Could Be Your Dog (Prequel)』ストリーミング

『I Could Be Your Dog (Prequel)』は、曲から曲へと流れるように移動し、質感のあるヴィネットの間を行き来します。17分という短い時間の中で、ほろ苦い感覚を呼び起こしているのは、明るすぎたり、まれだったりして長続きしないものや、黄金時代に垣間見た短命なものです。「Moon In Your Eye」では、コーラスのリフレインが空に向かって放たれ、私たちはそれが天に向かって霞んでいくのを見守ります。「Brush」では、スミス特有の不思議さと好奇心がホーンのような音で表現され、アルバムの中心的な表現である表題曲へとつながります。脈打つハーモニーの上で、モッセリは彼の優しいファルセットで、”I don’t want to feel / lost anymore / I can’t make you what I am.” というマントラのバリエーションを繰り返します。彼は、自分たちが目指しているアイデアは、もっと抽象的で普遍的なものだと言います。「それは、私があなたの友達や仲間になれるかもしれないし、私が誰かや何かになれるかもしれないし、変身できるかもしれないし、あなたの仲間になれるかもしれない、などという意味です。私が気に入っているのは、あなたにとっての意味や、あなたにとっての犬という言葉の意味に応じて変化することです。

最も生き生きとした瞬間は「Blink Twice」で、勝利と悲劇の両方を登録できる「ohs and ahhs」のオーケストラ・マーチです。締めくくりの「Moonweed」は後者に近く、低くてゆっくりとしたピアノの鍵盤が、星明かりの下での別れの異質なハミングを導きます。この音楽には夢のような要素がありますが、スミスとモッセリは、創造的なやりとりの中で直感的な相互作用を取り入れたため、自然にそうなったと語っています。それぞれの作曲家のスタイルの糸は、認識可能でありながら曖昧で、単一のビジョンに縫い込まれています。モッセリは、「私の音楽的アイデアが、彼女の音楽的アイデアと優雅に調和して踊ることができたことに、とても感謝しています」と語っています。スミスは、この経験が「音楽は友情をつなぐ層になり得ることを、特に通常の方法では手が届かなかった時代に思い出すことができた」と付け加えています。