Kaitlyn Aurelia Smith、ニューアルバム『Let's Turn It Into Sound』をリリース!

Kaitlyn Aurelia Smith

Graphics by Sean Hellfritsch

現代エクスペリメンタル・ミュージック・シーンを牽引する Kaitlyn Aurelia Smith (ケイトリン・オーレリア・スミス)、Ghostly International 移籍2作目通算9作目のニューアルバム『Let’s Turn It Into Sound』の国内盤を 8/26 リリース!「芸術とは畏敬の念であり、芸術とは神秘の表現である」と Kaitlyn Aurelia Smith は書いている。

アートは体であり、たとえ大脳で経験したとしても、感じるものだ。

Kaitlyn Aurelia Smith の9枚目のスタジオアルバム『Let’s Turn It Into Sound』の中心となる謎は、知覚、表現、そしてコミュニケーションに関係している。話し言葉が不十分なとき、私たちはどのようにコミュニケーションをとることができるのでしょうか。話し言葉では不十分なときに、どうやってコミュニケーションをとるのか。自分が感じていることをどうやって理解するのか。話し言葉が通じないとき、どうやってコミュニケーションをとるのか、自分が感じていることをどうやって理解するのか、自分の世界体験をどうやって他の人が理解できるものに変換するのか。

先行シングル「Is it Me or is it You?」のMV公開!

自称「感じる人 (feeler)」の Kaitlyn Aurelia Smith にとって、その答えは非英語圏の複合語、翻訳、彫刻的ファッション、ダンス、舞踏、武術少林、その他の感覚的・身体的体験に触発されたものです。ファッションが線、形、色、質感、シルエットを用いて意識とは別の感覚的なレベルでコミュニケーションを図るように、『Let’s Turn it Into Sound』はサウンドを使って言葉だけでは伝えられないことを伝えようと努力しています。

収録曲「Have You Felt Lately?」のビジュアライザーを公開!

このアルバムはパズルだ」と Kaitlyn Aurelia Smith は言います。「このアルバムは、ある状況に出向くことで1トンの感情の複合体を受け取ることの象徴であり、曲名はその感情を分解して理解するための指示だ」エネルギーに満ちた「Is it Me or is it You?」は、自分が自分をどう見ているか、そして他の人が自分をどう見ているかのギャップを、彼ら自身の投影というフィルターを通して横断することから生まれているのです。「There is Something」は、ある部屋に入ったときに、その部屋に存在するダイナミックな要素を無意識のうちに意識してしまうような、静かな啓示の感覚を表しています。その間、Kaitlyn Aurelia Smith はこれらの感情を音を通して解釈する。

収録曲「Unbraid: The Merge」のビジュアライザーを公開!

この聴覚的解釈のプロセスは、真剣な好奇心に駆り立てられ、Kaitlyn Aurelia Smith は旅の途中で浮かんだ考えや質問をアルバムに付属するブックレット「Somatic Hearing」に記録することになりました。

自宅のスタジオで一人で録音した3ヶ月間、Kaitlyn Aurelia Smith はモジュラー、アナログ、珍しいシンセサイザー (彼女のシグネチャーである Buchla を含む)、オーケストラの音、そして声といういつものツールキットに加えて、新しい実験をすることを自分に許したのです。彼女は新しいボーカル処理技術を生み出し、典型的な曲の構造に従うのではなく、直感的に感じられるテンポを追求することを自分に許したのです。彼女はサブウーファーのバックパックと傘を持って、最も風の強い季節に歩き回り、時速60マイルの突風の中でアルバムのローエンドを聴いた。彼女は自分自身に耳を傾け、そうすることで突然開かれた内なる共同体に耳を傾けたのである。

このアルバムの根底にあるのは、Kaitlyn Aurelia Smith の言うところの6つの異なる声、それぞれが多面的なストーリーテラーの間のダイナミックな関係である。これらの登場人物を認めることで、彼女は自分の存在全体を認めることになったのです。織り成す自己の複数性、内なる葛藤に気づき解決する複雑なプロセス、流動の中に調和を見出す喜びなどです。

私は、これらの登場人物のすべてを体現していると感じるようになったのです。このアルバムは、私の内なるコミュニティがコミュニケーションしたいのに、そのコミュニケーション手段として英語を持っていない、そのため、それに話をさせ、それを判断せず、ただ遊ばせるためのスペースを与えるという形だったのです。期待される曲の構成にこだわらないことで、それぞれの曲はより会話のように感じられ、それぞれのキャラクターが自分自身を完全に表現することができる。

Kaitlyn Aurelia Smith は、アンビエントというジャンルの会話にうまくはまることはありませんでしたが、このアルバムでは、さらにその外側を開拓し、アバンギャルド・ポップ、新古典派、その他分類できないものを横断しています。その結果、遊び心があり、好奇心旺盛で、刺激的な作品は、社会的で敏感な動物としての私たちに訴えかけ、リスナーを実験的でありながら、世界で最も人間らしいもののように感じられる、完全に特異な世界へと誘うのである。『Let’s Turn it Into Sound』を通して進むことは、秘密の領域を覗き見るようなものです。それは、日常の中に隠された魔法の発見と、入り口が閉じた後も長く残る煌めきの両方を楽しませてくれるものなのです。

『Let’s Turn It Into Sound』ストリーミング

◆リリース情報
Artist: Kaitlyn Aurelia Smith
Title: Let’s Turn It Into Sound
Label: PLANCHA / Ghostly International
Cat#: ARTPL-178
Format: CD
Release Date: August 26, 2022
Price(CD): 2,200yen + 税

tracklist:
01. Have You Felt Lately?
02. Locate
03. Let it Fall
04. Is it Me or is it You?
05. Check Your Translation
06. Pivot Signal
07. Unbraid: The Merge
08. Then the Wind Came
09. There is Something
10. Give to the Water