豪のジャズ・ファンク・バンド Mildlife、コズミック・サウンドへの揺るぎない憧れを証明する新作『Chorus』をリリース!

2023.11.02

Mildlife

オーストラリア・メルボルンのジャズ・ファンク・バンド Mildlife (マイルドライフ)、ニューアルバム『Chorus』を 3/1 リリース!ニューシングル「Musica」のミュージックビデオを公開しました。スタジオ3作目となるフルアルバムで、Mildlife は小宇宙的な個人的意味と高みからのマクロな視点を結びつけている。コーラスは、単体が合体して不思議な全体となる音だ。それは調和のとれた一体感であり、祝祭的な共生である。そしてそれは、バンドの究極のステートメントであり、彼らの境界線上の神秘的な一体感、グルーヴの統一理論なのだ。

収録曲「Musica」のMV公開!

コーラスとは、異質な要素がひとつになること。すべてが完璧に機能するようなユートピア的な美学ではなく、物事の自然な流れや状態にあるんだ。それは宇宙的な相性と化学についてだ。何が物事をうまく機能させるのか?何がバンドをうまく機能させるのかだけでなく、何が良い音楽、芸術、愛を作るのか?それは自然のリズムだ。

先行シングル「Return To Centaurus」のMVを公開!

2020年の『Automatic』、2017年の『Phase』に続く『Chorus』は、Mildlife にとって最も楽観的なアルバムであり、70年代のサイケデリック・サウンドとコズミック・サウンドへの揺るぎない憧れを音で証明している。さらに掘り下げると、ポーランド・ジャズ、イタロ・ディスコ、そして現代のエレクトロニック・サウンドが散りばめられている。コーラスは、膨張と収縮を繰り返す宇宙のダンスであり、そのグルーヴは永遠に、そして常に循環し、進化し続ける。このアルバムは、トーマス・シャナハンのベースライン、ハリウェルの光り輝くギターリフ、ケヴィン・マクダウェルの静かで魅惑的なヴォーカル、リンドフライシュの複雑なパーカッシブ・タペストリー、そしてレギュラー・コラボレーターであるクレイグ・シャナハンのスピリチュアルなリズムに包まれている。コーラスに巻き込まれると、個人とアンサンブルの境界線が曖昧になる。

収録曲「Yourself」を公開!

自分たちのパズルのピースがすべて、より大きなパズルの中にきれいに収まることを知るのです」とシャナハンは言う。このような創造的な啓示は、バンドのヴォーカルの腕前に対する確信を深めていることだ。バンドの以前のアルバムでは、マクダウェルの声が歌詞の主役だったが、『Chorus』ではメンバー全員が表現の瞬間を持ち、それぞれのコーラス・ビジョンを強調し、彼らのサウンドに新たな統一された開放性と人間性を築き上げた。シャナハンはこう続ける。

収録曲「Yourself」のライブ映像を公開!

私たちには、生きとし生けるもののバラバラの生態系のようなものを作りたいという考えがありました。空間を移動するという小さなメタファーを作るというアイデアが気に入った。あなたの周りのすべてが統一され始めるまで、あなたは再び出現しないかもしれない物事や音の瞬間を見る。

『Chorus』は、個々のトラック、バンド・メンバー、経験のアルバムかもしれないが、その総和以上のものだ。それは、新しい鉱物を形成する微小な粒子であり、生成的な創造においてそれ自体に折り重なる拍子記号である。『Chorus』のリリースにより、バンドは再びリズムの交感という特異な領域への扉を開いた。その流れに足を踏み入れてみよう。

『Chorus』ストリーミング

PBS Drive Live 2024 に出演した「Musica」のライブ映像が公開!

関連記事
イベント情報
  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!