ロンドンの Ash Walker、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク、レゲエを網羅したアルバム『Astronaut』をリリース!

2023.06.14

ロンドンの Ash Walker、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク、レゲエを網羅したアルバム『Astronaut』を 6/30 リリース!

ロンドンを拠点に活動するマルチ・インストゥルメンタリスト/DJの Ash Walker (アッシュ・ウォーカー) がニューアルバム『Astronaut』を Night Time Stories から 6/30 リリース!Lou Rhodes をフィーチャーした「Only Love」を公開しました。

Lou Rhodes をフィーチャーした「Only Love」を公開!

探検的な3作目のフルアルバム『Aquamarine』から4年後、同じく野心的な続編が遂に完成。アルバム『Astronaut』は、受賞歴のある多くのコラボレーターと共に、めくるめくサウンドを組み合わせ、ウォーカーがリズムとヴァイブのアストラルシャワーを新たな高みへと押し上げていく様子を表現しています。ジャズ、ブルース、ソウル、ファンク、レゲエを網羅したロケット・パワーのマスタークラスであり、『Aquamarine』が彼のオーディオ的宇宙船の離陸だったとすれば、『Astronaut』は宇宙的航海の終着駅である。

アルバム『Astronaut』のショートフィルムを公開!

熱心なレコードコレクターであるウォーカーは、悪名高いロイヤルメールのスクワットパーティーからベニスの運河、ブリクストンでスペシャルズとレコードを回し、サンフランシスコとLAでダブを披露するなど、遠く離れた場所でDJをしてきました。テムズ川の地下のトンネルからモロッコのアトラス山脈で地元のパーカッショニストをレコーディングするなど、彼の旅は遠くまで続いている。Duke Ellington、Quincy Jones、King Tubby、Bo Diddley、4Hero、J Dilla、Pete Rock、Curtis Mayfield、Philip Glass、Steve Reich などのアーティストからの音の深掘りに触発され、彼の最初の2枚のアルバム『Augmented 7th』(2015)と『Echo Chamber』(2016)は BBC 6 Music DJs Gilles Peterson、Don Letts and Gideon Coe から注目を浴びました。

Oscar Jerome & Joe Armon-Jones をフィーチャーした「Automaton」を公開!

『Astronaut』は「Only Love」で幕を開け、無類のマーキュリーノミネーションとラムのメンバー、Lou Rhodes のドリーミーなボーカルをフィーチャーしています。

彼女のラムでの活動やウェスト・カントリーのシーンのファンとして育ってきたので、彼女がイエスと言ったときは、とても光栄に思いました。

サマセットでレコーディングした後、2人はこの曲には聖歌隊が必要だと考え、Laville & Sheree Dubois が呼ばれ、日曜礼拝の気分を盛り上げてくれました。「Letting Go」は、ウォーカーの自宅スタジオでスケッチから生まれ、Ebi Soda のスタッフがビートを作り、受賞歴のあるプロデューサー、エンジニア、ソングライターの Andrew Ashong が最後の魔法をかけました。10代の頃から Amp Fiddler やデトロイト・シーンの大ファンだったウォーカーは、彼をこのプロジェクトに参加させたいと強く願っていました。『Afronaut』のボーカルを初めて聴いたとき、言葉を失いました。

Denitia & Sly5thAve をフィーチャーした「Time Gets Wasted」を公開!

彼は、このプロジェクトの概要を理解していただけでなく、私のビジョンを明確に理解していたのです。

と、ウォーカーは振り返る。さらに午後、Ebi Soda のメンバーと一緒に「Babylonian Triangle Of Captivity」を制作しました。この曲名は、Franco Rosso と Martin Stellman が1980年に制作した名作映画『Babylon』から着想を得ています。Denitia は「Time Gets Wasted」のボーカルでウォーカーを圧倒し、グラミー賞受賞者の Sly5thAve はサックス、クラリネット、バスクラリネット、フルートでさらなる進化を遂げた。

次に、Ezra Collective と Nubya Garcia のバンドメンバー Joe Armon-Jones とサウスロンドンの音楽シーンのパイオニア Oscar Jerome が「Automaton」で力を合わせ、イギリス・バーレーンのホーンプレイヤー Yazz Ahmed が「Running Away」でフリューゲルホーンのマジックをかける。「Petrol Head」を何年もライブで演奏してきたウォーカーが、ついにスタジオで正当な演奏をするために適切なキャストを集め、Ahmed のミュート・トランペットが最後のグルーヴ「Detroit Velvet Smooth」にさらなる生命を吹き込む。

『Astronaut』ストリーミング

木星がゆっくりと自転する様子を表現したこの曲は、レーベルメイトの Kennebec がアルバムのラストを飾るにふさわしい華やかさを与えている。宇宙的な傑作の美しくも示唆に富むフィナーレは、ウォーカーのジャズ・ミュージックにおけるエリートとしての地位を確固たるものにする。私たちはリフトオフ (ロケットの打ち上げ) した。

関連記事
イベント情報
  • BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

  • The Snuts 来日公演

  • Omar Apollo (オマー・アポロ) 単独公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!

  • Sasha Alex Sloan 来日公演