音楽界で最も影響力のあるアイコンの一人、Lou Reed の伝記『ルー・リード伝』が7月12日に発売

2023.06.24

音楽界で最も影響力のあるアイコンの一人、Lou Reed (ルー・リード) の伝記『ルー・リード伝』が7月12日に発売!

アンソニー・デカーティス(著)、奥田祐士(翻訳)の『ルー・リード伝』が7月12日に発売。鬱屈、孤独、性的倒錯、ドラッグ──。吐き気がするほど嫌な野郎か、天使のような優しい男か。型破りで過剰、謎めいたロック詩人の正体とは……。

The Velvet Underground (ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)、そしてソロアーティストとして、音楽・アート・文化に大きな影響を与え、ニューヨークを象徴する唯一無二の存在となった Lou Reed (ルー・リード / 1942-2013)。

その孤高の音楽はどこから生まれたのか。アンディ・ウォーホル、デイヴィッド・ボウイ、ジョン・ケイル、メタリカ、プロデューサーやバンドメイト、最後の妻ローリー・アンダーソン、そして友人たち──。生前のルーと間近に接したジャーナリストが、多数の関係者の証言と、名曲の数々の歌詞を分析し、天才の仕事の全体像に迫る。

音楽界で最も影響力のあるアイコンの一人、ルー・リードの伝記

ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのリード・シンガー兼ソングライターとして、また著名なソロ・アーティストとして、ルー・リードはオルタナティヴ・ロックを発明した。彼の音楽は、超越的な美しさと恍惚とさせるノイズの源であると同時に、ジャンルの定義を覆し、何百万人ものファンに語りかけ、何世代ものミュージシャンにインスピレーションを与えた。

しかし、彼の象徴的な地位は固定されているかもしれないが、彼自身はそうではなかった。ルー・リードの人生は変幻自在のオデッセイだった。常に落ち着きがなく、新しい体験に限りなく飢えたリードは、何度も何度も自分の人格、サウンド、そしてセクシュアリティさえも刷新した。

矛盾と極端さを併せ持つ彼は、激しく自立しながらも孤独を恐れ、芸術的に大胆不敵でありながら深い偏執狂であり、商業的成功を熱望しながらも自らの成功を軽んじていた。そのギザギザしたエネルギーと文学的な感性を、「Walk on the Wild Side (ワイルド・サイドを歩け)」や「Sweet Jane (スウィート・ジェーン)」のような名曲にも、過激で実験的なアルバムにも注ぎ込んだリードは、どこまでも自分の芸術的ビジョンに忠実だった。

リードの死からわずか数年後の今、リードを知り尽くし、多くのインタビューを行った『ローリング・ストーン』誌のライター、アンソニー・デカーティスが、彼の複雑で変幻自在な人生を挑発的に語る。何十人ものリードの友人、家族、共同制作者たちとの比類なき接触により、デカーティスは、彼を知る人々の証言とリードの最も明白な証言である音楽を通して、リードの50年にわたるキャリアを追跡する。

我々は、彼の反抗的な地下世界に深く入り込み、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが画期的な作品をレコーディングするスタジオに入り込み、アンディ・ウォーホル、デヴィッド・ボウイ、ローリー・アンダーソンといった伝説的人物とリードの関係を楽しむ。この作品は、現代で最も扇動的なアーティストの一人であるルー・リードに捧げられた、刺激的なオマージュである。

いま明かされる「人間」ルー・リード

「彼は師だった」 – デヴィッド・ボウイ

「この本は、ルー・リードそのものだ」 – イギー・ポップ

「アンソニー・デカーティスは、ルー・リードが愛読し、共に楽しんだ数少ない音楽評論家の一人である。この崇高で繊細な本を読んで、ルーがアンソニーを尊敬していた謎が明らかになった。アンソニーは偉大なストーリーテラーであり、作家の作家であり、ルーの歌のように痛みを美に変える。」 – ボノ(U2)

「私は個人的にアンソニー・デカーティスの文章の深さ、真剣さ、繊細さをよく知っているし、もちろんルー・リードを知っていて、彼の悶絶するような作品の衝撃を感じている。素晴らしいアーティストが、ルーが言ったように “火の中を通り抜ける” 洞察力を持つ伝記作家を見つけ、彼の音楽と人生の決定的な解釈者となった。」 – スティング

「最後に愛によって変貌した悲惨な人生を雄弁に語る。アンソニー・デカーティスは、ルー・リードの人生のバラバラな部分を見事に統合し、洞察に満ちた感動的な物語に仕上げている。強くお薦めする。」 – スザンヌ・ヴェガ

「多くの人がルー・リードといえば、不協和音、退廃、腐敗に満ちた、ロックンロールの黒く腐った心臓を思い浮かべるだろう。しかし、アンソニー・デカーティスが新著で明らかにしているように、そのイメージと噂の裏側で、ルーはひとつのことをやっていた。

それは作家であり、自分の歌の中で、絶対的で痛みを伴う真実、つまり自分自身、自分が観察している光景、そして世界全体についての真実を語ることに人生を費やした男だった。彼の言葉はとても力強く、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはそれに見合う新しい音楽言語を発明しなければならなかった。

ルーとヴェルヴェッツに忠誠を誓ったミュージシャンは私が初めてではないし、私が最後になることもないだろう。この本を読んで、ルー・リードというとんでもない天才を探求してください」 – ピーター・バック(R.E.M.)

「アンソニー・デカーティスは、ルー・リードの魂と本質をとらえ、この素晴らしい、文化を形成するミュージシャンの新しい伝記を書いた。デ・カーティスの優れたストーリーテリングの才能は、リードの複雑な個性と最先端の音楽的才能に魅力的な洞察と視点を与えている。これは必読である」 – クライヴ・デイヴィス

「伝記のゴールがその対象を生き返らせることだとすれば、ルー・リード、デカーティスの同情的だが決して媚びないこの本は成功している…入念に調査され、思慮深く書かれたルー・リードは、今日までのリード伝記で最高のものだ」 – New York Times Book Review

「デカーティスが見事に伝える新しい洞察に満ちた、吸い込まれるような読み物。」 – Pitchfork

「『人生』は包括的で共感できる…。デ・カーティス氏にとって、リードの伝記的なローズバッドは、彼の生い立ちに由来する同性愛の羞恥心であった。結局、彼は最初のゲイのロックスターにはなりたくなかったのだ。」 – Wall Street Journal

著者、アンソニー・デカーティスについて

アンソニー・デカーティスは『ローリング・ストーン』誌の寄稿編集者で、彼の作品は35年以上にわたって掲載されている。In Other Words』『Rocking My Life Away』の著者であり、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーとなったクライヴ・デイヴィスの自伝『The Soundtrack of My Life』を共同執筆した。グラミー賞受賞者であり、ロックの殿堂の推薦委員を25年間務めている。アメリカ文学の博士号を持ち、ニューヨーク在住。

<ご予約はこちら>

関連記事
イベント情報
  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • Alice Phoebe Lou 来日公演

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024