Lou Reed のアーカイブ・シリーズ第一弾『Words & Music, May 1965』がリリース!

NYのシンガーソングライター Lou Reed (ルー・リード) のアーカイブ・シリーズ第一弾『Words & Music, May 1965』がリリース!これは、Light in the Attic Records と Laurie Anderson の共同による、Lou Reed アーカイブ・シリーズの第一弾です。このアルバムは、故Lou Reed の80歳の誕生日のお祝いと同時に発表され、アメリカの真の詩人ソングライターの一人である彼の、並外れた、ありのままの、そして明白に痛烈な洞察を提供します。

この未発表曲集は、若き日の Lou Reed が、後にバンドメンバーとなる John Cale (ジョン・ケイル) の協力を得てテープに録音し「poor man’s copyright (貧者の著作権 / 実物の写真は以下)」として彼自身に郵送したもので、50年近く未開封のまま残っていました。その内容は、20世紀のアメリカのポピュラー音楽において、最も重要で画期的な貢献をしたテープの数々を体現しています。民謡の伝統に根ざしたこれらの曲を検証することで、パンクからアート・ロックまで、現代のアメリカ音楽の発展に Lou Reed の影響が続いていることがはっきりとわかります。真のタイムカプセルであるこれらの録音は、非常に影響力のある The Velvet Underground の種となる初期の火花を記念するだけでなく、リードが周囲の世界を合成し純粋な音の詩に抽出する天性の才能を持つ真の観察者であることを確固たるものにしています。

1965年、Lou Reed が自分宛に送った未開封のテープ

後にバンドメイトとなるジョン・ケイルが参加した『Words & Music, May 1965』は、「Heroin」「I’m Waiting for the Man」「Pale Blue Eyes」など、後にリードが録音し、The Velvet Underground に決定的な影響を与えた曲の最も初期の録音を完全な形で収録しています。また、リードの創作過程や初期の影響について、さらなる洞察を与える未発表の楽曲もいくつか収録されています。Laurie Anderson、Don Fleming、Jason Stern、Hal Willner、Matt Sullivan がプロデュースしたこのアルバムは、グラミー賞にノミネートされたエンジニア、John Baldwin によってオリジナルテープから新たにリマスターされたオーディオを収録しています。さらに、ジャーナリストで作家の Greil Marcus によるライナーノーツと、Lou Reed アーカイブを管理する Don Fleming と Jason Stern による詳細なアーカイブノーツが収録されています。

<bandcamp で購入はこちら>