トゥアレグ族のバンド Tinariwen、9枚目のアルバム『Amatssou』をリリース!

2023.03.15

Tinariwen

トゥアレグ族のメンバーで結成されたマリ共和国のバンド Tinariwen (ティナリウェン)、4年ぶり9枚目となるニューアルバム『Amatssou』を 5/19 リリース!先行シングル「Tenere Den」のミュージックビデオを公開しました。Tinariwen は常にカントリーバンドであり、最も北アメリカ的なジャンルを北アフリカ的にアレンジしている、と評する人もいる。その考えは、ニューアルバム『Amatssou』では、トゥアレグ族のバンドのトレードマークである蛇行するギターラインと催眠的なリズムが、ペダルスティール、ピアノ、Daniel Lanois (ダニエル・ラノワ) などのゲストミュージシャンによるストリングスとシームレスに溶け合い、装飾されたアレンジが楽曲に壮大で普遍性を与えている。

先行シングル「Tenere Den」のMV公開!

詩的な寓話に満ちた歌詞は、団結と自由を呼びかけるものです。闘争と抵抗の歌もあり、最近のマリの絶望的な政変やサラフィストの勢力拡大にも斜に構えた言及がある。

親愛なる兄弟たちよ、祖国が解放され、すべての年長者が尊厳をもってそこで暮らすことができない限り、すべての休息、すべての余暇は常に手の届かないところにある。

と Ibrahim Ag Alhabib は「Arajghiyine」で歌っている。ボブ・ディランがかつて言ったように、ロックンロールの力は、音楽が逆境に立ち向かう強さと回復力を与えてくれるため、私たちを「恐怖に気づかせない」ものなのです。

収録曲「Kek Alghalm」のMV公開!

Tinariwen がアフリカの砂漠を拠点に世界ツアーを行ってから20年の間に、Kurt Vile、Stephen O’Malley、Jack White、Wilco など、アメリカの有名なカントリー、フォーク、ロックミュージシャンと知り合うことができた。トゥアレグ族の遊牧民とカウボーイの漂流者たち。ラクダ列車とムスタングホース。Tinariwen の砂漠のブルースとアメリカの田舎町の本格的なカントリーミュージックは、数千キロの海によって隔てられているかもしれないが、そのつながりはロマンチックであるのと同時に感じられるものである。

『Amatssou』ストリーミング

シアトルのラジオ局 KEXP に出演したスタジオライブ映像が公開!

Tinariwen (ティナリウェン) 来日公演が12月に決定!

Tinariwen (ティナリウェン) 来日公演

関連記事
イベント情報
  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Jungle 来日公演