90'sのUKロックを代表するバンド Suede、9枚目のアルバム『Audofiction』を 9/16 リリース!

Photo by Dean Chalkley

90年代のUKロックを代表するバンド Suede (スウェード)、9枚目となるスタジオアルバム『Audofiction』を 9/16 リリース!先行シングル「She Still Leads Me」を公開しました。アルバム『Autofiction』に収録されている楽曲の制作を始めた Suede は、基本に立ち返ることにした。Brett Anderson、Mat Osman、Simon Gilbert、Richard Oakes、Neil Codling は、キングス・クロスにあるスタジオに集まり、彼らのルーツに戻ることにした。『Autofiction』について、Brett Andersonは次のようにコメントしている。

先行シングル「She Still Leads Me」

『Autofiction』は俺らのパンク・レコードだ。口笛もベルもない。ただ5人で集まって、不具合や失敗をすべて受け入れていて、バンドがその原始的な混乱をすべてさらけ出したものだ。

収録曲「15 Again」の試聴が開始!

『Autofiction』は、ノースロンドンの Konk スタジオで、Suede の長年のコラボレーターである Ed Buller と共にライブ録音された。Ed は、今月30周年を迎える Suede のデビュー・シングル「The Drowners」のプロデュースを務めていた。Brett Anderson は「“Autofiction” には自然な新鮮さがあり、それは俺らがいたい場所なんだ」と説明する。Suede は、ある意味、30年前に活動を始めたときと同じ場所にいる。「このアルバムの作曲やリハーサルをしているときは、まさに肉体的な興奮を味わうことができた」とベースの Matt Osman は語る。

「She Still Leads Me On」のスタジオライブ映像を公開!

1stシングル「She Still Leads Me On」は、アルバムのあり方を再構築したトラック。Brett から亡き母へ向けて書かれた美しい曲でもある。アルバム・タイトルが示すように、『Autofiction』は Brett にとって最もパーソナルな作品のひとつである。高い評価を得ている回顧録『Coal Black Mornings』や『Afternoons With The Blinds Drawn』の執筆過程を振り返ることで、Brett は人前で演奏するシンガーとしての自分自身を新たに見つめ直し、その多くが『Autofiction』の叙情詩に滲んでいる。9月の『Autofiction』のリリースに続き、10月にはロンドンの Electric Ballroom で2回の特別な公演が行われ、その他のライブ活動も今後発表される予定。