NoSo、人気企画 Tiny Desk Concert に出演したセッション映像が公開!

2022.11.07

LAを拠点に活動する韓国系アメリカ人のアーティスト NoSo、NPR Music の人気企画 Tiny Desk Concert に出演したセッション映像が公開!NoSo として活動するアーティスト Baek Hwong (ベク・ホウォン) は、ワシントンD.C.で1週間続いた容赦ない雨の後の晴れた金曜日の午後にNPRの本社に到着したが、暗い時代にしばしば光を当てる音楽を奏でるロサンゼルス在住のアーティストにとって、天気の変化は適切だった。

私が NoSo を初めて知ったのは、彼らが2019年にタイニーデスク・コンテストに応募したときだった。優勝は逃したものの、彼らの壮大なギター演奏、記憶に残るフック、センチメンタルなリリックが印象に残っている。彼らは、ドラムの Marian Li-Pino とバイオリンの Jayla Tang を伴うミュージシャンのタイニーデスクセットに、それらの要素をすべて持ち込んでいる。NoSo の物静かな性格は、彼らの音楽的な器用さを補完し、机の裏という近い場所でこそ輝く、親密なパフォーマンスを作り出します。

3曲のセットで、Hwong は彼らが育った「静かな郊外」について歌い、進化するジェンダー・アイデンティティについての感情を表現しています。最後の曲「Everything I’ve Got」は、自信と憧れが性同一性障害によって覆される様子を痛切に描いたもので、この曲を演奏する前に Hwong は、この曲を書いてから「だいぶ癒された」と話してくれました。「もし公平に生まれたら、そうなることはわかっている/すべてをかけて君を愛するよ」と、彼らは膨らむバイオリンと鼻をすするNPRスタッフの前で静かに歌いました。

NoSo は、今年初めに発売されたデビューアルバム『Stay Proud Of Me』で、自分たちの思春期を振り返り、しばしば若い自分たちに新たな思いやりを与えています。彼らは、このアルバムをリリースし、コンテストに応募してから3年後にタイニーデスクで演奏することは、「本当に丸く収まった瞬間」のように感じられると言います。演奏が終わる頃、Hwong は微笑みながらこう言った。「これは夢のようです」。

text by Elle Mannion

関連記事
イベント情報
  • シカゴ生まれのシンガーソングライター Alexander 23、来日公演が6月に決定!

  • Cory Wong 単独来日公演

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • Niall Horan (ナイル・ホーラン) 来日公演

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演