beabadoobee、人気企画 Tiny Desk Concert に出演したライブ映像が公開!

ロンドンのシンガーソングライター beabadoobee が NPR Music の人気企画 Tiny Desk Concert に出演したライブ映像が公開!beabadoobee として活動する Beatrice Laus の柔らかく軽快な声は、90年代のグランジロックとノイジーなドリームポップのミックスという彼女の特徴的なサウンドの中でしばしば失われる危険性をはらんでいる。しかし、Tiny Desk で行われた彼女のライブでは、その柔らかで軽快な歌声が、どんな曲にも紛れもない甘美さと真摯さを与えてくれました。

しかし、Tiny Desk でのパフォーマンスでは、beabadoobee はロックンロールの傾向を抑え、静かなコーナーにふさわしい曲のコレクションで彼女の声を輝かせる十分なスペースを与えています。最新アルバム『Beatopia』からの最初の曲で、トリオのストリングスと長年のギタリストでありコラボレーターの Jacob Bugden (彼は最近ツアー中にクラウドサーフィンに失敗して、礼儀正しく叱る場面もありました) をバックに、彼女はアコギで「See You Soon」からスタートします。

「Ripples」、「The Perfect Pair」と続き、最後に未発表曲で締めくくられる。「Coffee」を演奏することもできたけど、そうではないわ、と笑いながら言う彼女は、2017年のバイラル・ヒットを指しており、彼女の音楽がどれほど進歩してきたかを考えると、とてもシンプルに聞こえる曲である。その代わりに、彼女が「Glue song」と呼ぶ、恋人たちを接着剤のようにくっつけるほど強いロマンスについてのラブソングを演奏する。

text by Hazel Cills