Joseph Stevens のプロジェクト Peel Dream Magazine、サードアルバム『Pad』をリリース!

記事には広告を含む

Photo by Peel Dream Magazine

LAを拠点に活動する Joseph Stevens (ジョセフ・スティーブンス) のプロジェクト Peel Dream Magazine (ピール・ドリーム・マガジン)、サードアルバム『Pad』を 10/7 リリース!ポストパンク、シューゲイザー、60年代ポップ、モーターリック・クラウトロックのグルーヴをチューニングしながら催眠的に合成し、ここ数年、精通したリスナーの目を釘付けにしている。Peel Dream Magazine としての3枚目のアルバムで、Joseph Stevens は完全に彼自身がデザインしたファビュラスでジグザグな世界に向かってあなたを手招きしている。『Pad』(USでは Slumberland から、UKでは Tough Love からリリースされる) では、過去のインディーポップのようなファジーな魅力はなく、ビブラフォンが震え、チェンバーストリングスが主役となる。カーテンが上がるとバンジョーが現れる。チャイム。ファルフィサ。そして、アルバムのタイトル曲で彼がうめき声を上げると、これは普通の演奏ではないことが明らかになる。自分しかいないのに自分を見失うというコンセプチュアルな作品『Pad』は、スティーヴンス自身の存在を再構築することで、ポップ・ネームの新しい未来に向けた刺激的なジェスチャーを表現しています。

表題曲「Pad」のMV公開!

2020年にリリースされたアルバム『Agitprop Alterna』に続く本作では、34歳のソングライターであるスティーヴンスが同年、激動のロサンゼルスに移住し、サウンド面で大きな進化を遂げたことが示されている。70年代のドラムマシンとシンセサイザーはそのままに、オフセットギターをナイロン弦に持ち替え、ボッサ、フォーク、そして独自の不気味な神秘主義に彩られた優しいバロックポップ・サウンドに仕上がっています。Burt Bacharach のようなミッドセンチュリーを代表するアーティストに加え、スティーブンスは1960年代後半の Beach Boys のカルト的な人気を得て、ビンテージオルガンとファウンドパーカッションのシュールなメランジを提供し、さらに Harry Nilsson の1970年のソングタペストリー「The Point!」にも言及しています。

収録曲「Pictionary」のMV公開!

そして、「The Point!」と同様に、『Pad』は孤立とアイデンティティを反映したコンセプチュアルな作品です。このアルバムは、スティーブンスがバンド仲間に Peel Dream Magazine から追い出され、追放され、目的もなく、バンドに戻るために旅に出るというベッドタイムストーリーになっています。例えば「Self Actualization Center」ではカルト教団に入信し、友人で頻繁にコラボレートしているウィンターと共演するなど、不運な出来事が続く。しかし、この作品は、主人公が不協和音のテクスチャーや、くすぐるようなピープ音やブループ音でイージーリスニングの境界線を探るような、それ自体で純粋に楽しめる音楽でもあるのです。「Pictionary」のような曲は、不吉な意図を持って繊細に鳴り響き、明白なModのパレットを呼び起こす。また、『Pad』は Stereolab や The High Llamas のスペースエイジ・バチェラーを思い起こさせ、トロピカリア伝説の Os Mutantes から引用したオカルト的なひねりを加えています。

収録曲「Hiding Out」のMV公開!

この『Pad』は、スティーブンスのこれまでのアルバムに見られる、厳しく、ドローン的なモータリクとは全く対照的な、浮世離れした軽快さがある。当時の政治的混乱に圧倒された彼は、ヴァン・ダイク・パークスが1960年代の反体制的な音楽と呼んだものを再構築し、軽率な逃避と鋭い破壊の境界線をあいまいにしている。「このレコードを作る以外に、起こっていることに正直に反応する方法はないと思ったんだ。」このアルバムでは、同時代のライブラリー・ミュージックも活用し、Basil Kirchin や Pierro Piccioni、そして本業である広告音楽の作曲で培ったスティーブンスの新しい編曲技術などを思い起こさせるような効果もある。

『Pad』は美しい曲だが、どこか暗さを感じさせる。スティーブンスは、パンデミック発生時にニューヨークにいたこともあり、私たちが知っているすべてのものの未来に対するアンビバレンツな気持ちを表現している。「Hiding Out」では、彼はこう嘆いている。「ヴァーノン・モールを過ぎて、クイーンズボロ橋までぶらぶら歩いて、自分が2フィート小さいと感じさせられたが、それでは生きていけない。」結局のところ、スティーブンスは、自分の人生の物語の空想的な要素に寄り添いながら、最初に考えたことを一番に考えるというアプローチを採っている。『Pad』は、奇妙であると同時に典型的なものであり、その定義づけを求める境界線を曖昧にする。芸術は人生を模倣するが、人生もまた芸術を模倣し、その結果は時に予測不可能なものとなる。ティーブンスは「Jennifer Hindsight」で次のように語っている。

Jennifer Hindsight、君は僕の計画を打ち砕いた。君は手を振って、僕の人生を変えたんだ。

『Pad』ストリーミング