Sufjan Stevens、ニューアルバム『Javelin』をリリース!

2023.08.14

米のシンガーソングライター Sufjan Stevens (スーファン・スティーヴンス)、ニューアルバム『Javelin』を 10/6 リリース!先行シングル「So You Are Tired」のリリックビデオを公開しました。そのキャリアの中で、Sufjan Stevens はメジャーとマイナーの区別を曖昧にしてきた。彼はステイツの歴史的脚注を万華鏡のようなポップに変え、喪失の計り知れない悲しみを親密さと優美さで表現してきた。

新作『Javelin』は、2020年の『The Ascension』以来となるソロ・アルバムであり、2015年の『Carrie & Lowell』以来となる完全なソロ・シンガーソングライター・モードである。Sufjan Stevens は、孤独な告白の静けさを利用して、私たちが共有できる普遍的な問いかけを歌にしている。

収録曲「Will Anybody Ever Love Me?」のMV公開!

ニューヨーク・タイムズ紙に「絶望の叫びと救済への祈り」と称賛された『The Ascension』が、華麗だが切迫したエレクトロニクスを駆使してその瞬間に立ち向かうのに対し、『Javelin』は細部まで描かれていながら地味な、自画像のように始まる。しかし、1曲1曲を聴くにしても、アルバムとして聴くにしても、この10曲はもっと大きなものになり、スーファンの25年のキャリア全体が4分間で表現されている。コーラス、オーケストラ、エレクトリック・ワンダー『Javelin』にはそのすべてが表れており、そのすべてがこれらの曲を完全なスペクタクルとして動かしている。どの曲でも、静かな始まりからスフジャンの弱さと率直さが感じられる。

収録曲「A Running Start」のリリックビデオを公開!

時折、『Javelin』は大所帯のアルバム制作のような雰囲気を漂わせるが、明らかにそうではない。ここにあるほとんどすべてのサウンドは、70年代のロサンゼルスの古典的なスタジオ・レコーディング・セッションの証のように感じられるものを、Sufjan Stevens が自宅で1人で作り上げたものだ。親しい友人たちの貢献も欠かせない、Hannah Cohen、Pauline Delassus、Megan Lui、Nedelle Torrisi が参加。Bryce Dessner は「Shit Talk」でアコースティック・ギターとエレクトリック・ギターを弾いている。そしてもちろん、ニール・ヤングは優しくて神秘的なクローズ「There’s a World」を書いた。

『Javelin』ストリーミング

そして世界といえば、『Javelin』の隅々にまで浸透した世界構築のセンスがあり、特にアルバムに付属する48ページのアートとエッセイの本にはそのセンスが溢れている。綿密なコラージュ、カットアップされたカタログ・ファンタジー、パフペイントのワード・クラウド、反復するカラー・フィールドの数々によって、Sufjan Stevens は一見カオスに見えるものから秩序を築き上げ、またその逆もまた然りである。そして、その中盤には、Sufjan Stevens による10編の短いエッセイが収録されている。『Javelin』で Sufjan Stevens は、私たちが最もよく知る Sufjan Stevens の姿に戻り、愛と人間関係についての傷つきやすい考察を提供している。

関連記事
イベント情報
  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • While She Sleeps 来日公演

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演