アトランタのベッドルームポップ・デュオ Lowertown、デビューアルバム『I Love To Lie』を 10/21 リリース!

米アトランタを拠点とする Olivia Osby と Avsha Weinberg によるベッドルームポップ・デュオ Lowertown、デビューアルバム『I Love To Lie』を人気レーベル Dirty Hit から 10/21 リリース!カーニバルをテーマにした先行シングル「Bucktooth」のミュージックビデオを公開しました。Lowertown は、ロンドンのレコーディングスタジオでホームシックになりながら、古いカントリーミュージックやフォークミュージックに回帰し「Bucktooth」を書きました。

アルバム制作について Olivia Osby は以下のように述べています。

アルバムのレコーディングでロンドンにいたとき、私はアメリカにかなりホームシックになっていたから、古いカントリーミュージックやフォークミュージックをたくさん聴いていたわ。私は Johnny Cash のアルバム『At Folsom Prison』に夢中で、「Cocaine Blues」のような生意気で物語性のある曲を書きたかったんです。出っ歯のカウボーイとトラブルメーカーの盗賊団の一味がずっと頭に浮かんでいたんだ。この曲はバカげた話として始まったんだけど、結局アメリカで起こっていた極右過激派とテーマ的に結びついたんだ。

広告の数学の授業で出会った Olivia Osby と Avsha Weinberg は、お互いにジャズ好きということで意気投合した。イスラエルからの移民一世であるクラシックピアニストの Avsha は音楽学校を目指しており、Olivia は詩を書いて Lowertown の初期が形成された。卒業前に Dirty Hit と契約を果たした。デビューアルバム『I Love To Lie』は、Catherine Marks (Foals、St. Vincent、Wolf Alice) とロンドンでレコーディングが行われ、若者の不安や失望を描いたアンセム、懐古主義と新しいものの融合、初期エモとポップ・パンクの政治主義への衝突的オマージュなど、2人の音楽性を強調する作品となっている。

tracklist:
1.My Friends
2.Antibiotics
3.Bucktooth
4.I’m Not
5.It’s It’s It’s
6.No Way
7.Scum
8.At the End
9.Goon
10.Waltz in Ab Minor
11.It’s Easy for Me