イタリア注目のディスコ・デュオ Marxist Love Disco Ensemble、デビューアルバム『MLDE』をリリース!

イタリア・ボローニャ注目のディスコ・デュオ Marxist Love Disco Ensemble、デビューアルバム『MLDE』を Mr Bongo から 9/16 リリース!先行シングル「Brumaire」のミュージックビデオを公開しました。本作『MLDE』は、過去、現在、未来から同時に発信されるサウンドで、ディスコから陳腐なものを、政治音楽から節操のないものを根絶しようとするものです。半分詩的で、半分皮肉なこのコンパクトな8トラックアルバムは、東欧と地中海の70年代のディスコレコードに影響されています。メンバーのパオロは以下のように述べています。

Patrick Juvet の「I love America」を聴いて書いたんだ。この曲は、元々抑圧された少数民族によって作られたディスコというジャンルが、なぜ最終的に西洋の資本主義の過剰さの代名詞になってしまうのか、という疑問を投げかけたんだ。『MLDE』は、このつながりを断ち切ろうとしています。

ディスコ、ポストディスコ、80年代ポップ、ブギーを融合させた『MLDE』は、アナログ楽器のみで録音され、温かみと空間を与えている。カセットテープ、1/2インチテープで録音され、アグレッシブでタイトなドラムキットのビートの間にローファイな抽象的な瞬間が生まれます。サックス、トランペット、ハープシコード、ギター、そして珍しいアナログ・シンセサイザーが使用されている。ベースサウンドは80年代初期のブギーのレコードから形作られ、Hamlet Minassian などのアーティストの影響は『MLDE』の「Hues of Red」のようなドライビング・ディスコの作品から聞くことができます。バンドが研究してきたソビエトのボーカルグループのレコードの伝統に敬意を表して、いくつかの曲はボーカルカルテットによって歌われている。

収録曲「Material」の試聴が開始!

「1905」や「Brumaire」などのトラックは、よりポップな美学を持ち、これらのポップな曲でのパオロのボーカルスタイルは、Orange Juice や Chas Jankel などの80年代初期のバンドを思い起こさせるものである。ポップとディスコのフォーマットとメッセージは、一般的には、ダンスフロアで体を動かして楽しませるためだけのものと思われているが、リリックの主題は弁証法的、歴史的唯物論、階級闘争、マルクス主義の理論と実践、そしてマルクス主義のディスコ音楽の概念など、多岐に渡るものである。さらに、マスタリング・ドンのジョーカーこと Liam McLean がこのアルバムに魔法をかけ、曲に必要なスペースを与え、現代のダンスフロアが要求するキックとパンチを与えている。

『MLDE』ストリーミング