スウェーデンのサイケロック・バンド Goat、コンピ・アルバム『Headsoup』を 8/27 リリース!

スウェーデンの無国籍エクスペリメンタル・異次元サイケロック・バンド Goat、新曲2曲を収録したコンピレーション・アルバム『Headsoup』を 8/27 リリース!ニューシングル「Queen of the Underground」のミュージックビデオを公開しました。2012年、神秘的な覆面集団である Goat が登場したとき、煽情的なデビューシングル「Goatman」と、時代を超越した裏話を携えていた。バンドの匿名メンバーは、スウェーデン北部の人里離れた呪われた村 Korpilombo の出身だと主張していたが、そこでは何世紀にもわたって、旅回りの魔術師によってもたらされたブードゥー教の形態に住民が傾倒していた。

彼らの神話は魅力的で、その音楽はしなやかなグルーヴとファズの躁的な爆発に満ちており、Goat は最初から異端児でした。2012年にリリースされたデビューアルバム『World Music』は雪崩のように高い評価を受け、評論家や心理学者たちは、地球上の様々な音を混ぜ合わせて作られたその強烈なサウンドに魅了されました。その一方で、Goat のライブパフォーマンスは伝説的なものになりつつありました。

メンバーの正体を堂々としたマスクで隠し、古代の偶像のように見せ、楽器奏者が容赦なくバッキングを行い、双子のハイプリーステス・ボーカリストが観客を儀式的な熱狂に巻き込みました。2014年の『Commune』では、事態はよりダークになり、さらに催眠的になりました。そして、ゴートのサウンドが落ち着き始めた頃に、彼らはそれを完全に覆し、3枚目で今のところ最後のスタジオLPである2016年の『Requiem』では、不思議なコズミック・フォークの衣装に変異しました。『Headsoup』は、Goat の伝説をさらに深める新しいコンピレーションです。

彼らのキャリア全体からアルバム以外の素材、単独のシングル、Bサイド、デジタル編集、未発表の曲を集めたこのレコードは、彼らのスタジオLPよりもさらに大きな範囲をカバーしています。「Goatman」のB面曲「The Sun And Moon」のような初期の作品の壮大なヘビーサイケデリックから、「Requiem」時代の穏やかなオルタネイトテイク「Union Of Mind And Soul」、最新作の煮えたぎるようなグルーヴまで、無数の回り道をしながら、世界を旅するようなアシッドトリップのようなレコードです。

時にダークでヘビー、時に陽気で美しい、Goat 自身がそうであるように、『Headsoup』はミステリアスで常に変化しており、正しく把握するのは難しいが、常に魅了されている。ジャズ・フルートのソロ、叩きつけるようなアフロビートのリズム、獰猛な砂漠のブルース、漂うエチオ・ジャズ、かき鳴らすようなドローンなどは、彼らが影響を受けてきた見事なミックスのほんの一部に過ぎません。Goat のファースト・アルバムの名前が明らかにしているように、これは最も完全な形の “ワールド・ミュージック” であり、ジャンルの境界にとらわれないサウンドだが、バンドは怠惰な流用者ではない。彼らは先人たちに最大限の敬意を払ってアプローチし、文化的な異種交配を祝福しています。

『Headsoup』には、2020年末にレコーディングされた2つの新曲も収録されており、Goat の進化がまだ終わっていないことを示しています。「Fill My Mouth」は、スカスカのサイケデリック・ファンクで、バンドがこれまでにレコーディングした中で最もスレスレの曲だ。一方、「Queen Of The Underground」は、まさに至高のサイケデリック・パワーハウスと呼ぶにふさわしい作品だ。Goat が Korpilombo の奥地から姿を現してから約10年、彼らのようなサウンドを出すバンドは地球上にまだ存在しない。