異次元サイケロック・バンド Goat、ニューアルバム『Medicine』をリリース!

2023.08.15

Goat

スウェーデンの無国籍エクスペリメンタル・異次元サイケロック・バンド Goat (ゴート)、1年ぶりのニューアルバム『Medicine』を 10/13 リリース!先行シングル「I Became The Unemployment Office」のミュージックビデオを公開しました。ヤギの神話と謎に満ちたバックストーリーは何度書いても尽きないが、新作『Medicine』は過去にこだわる必要をなくし、より内省的で少しメロウなサイケ・フォーク・サウンドで Goat が戻ってきた。

先行シングル「I Became The Unemployment Office」のMV公開!

作品全体を通して一貫して抑制された温かい感触があり、バンドはこのアルバムの全体的なテーマを「様々な意味での人生の無常さ:病気、人間関係、愛、死、そして私たちの時間がいかに有限であるか」についてだと示唆している。このアルバムのサウンドは、Arbete & Fritid、Charlie & Esdor and Träd、Gräs & Stenar など、スウェーデンの70年代サイケ、プログレ、フォークの名作を彷彿とさせる。Vakna はこの影響を受けており、カオスに陥ることなく、揺れ動き、ゆがむギター・ソロが6分近く続く。タイトルの『Medicine』は、様々な薬、あるいは人間関係や愛の価値を指しているのかもしれない。

私たちの家族、友人、社会にとって、これはサイケデリックの使用、瞑想、他の人々から学ぶこと、好奇心を持ち続けること、そして決して “確固たる” アイデンティティーに落ち着かないこと、などを通して行うことができる。

収録曲「Join The Resistance」のMV公開!

フルートは、オープニングの「Impermanence And Death」から数曲を通して前面に出ている。美しい「You’ll Be Alright」ではキーンというシンセ・ラインとエレガントにデュエットし、エンディング・トラック「Tripping In The Graveyard」ではメロディーをリードしている。シタールとアコースティック・ギターをバックにした「TSOD」は、George Harrison (ジョージ・ハリスン) の失われたレコーディングのような、忘れがたいヴォーカル・メロディを持っている。

収録曲「Tripping In The Graveyard」のMV公開!

ファースト・シングル「I Became The Unemployment Office」のフル・アルバム・バージョンのタイトルは、誰かに利用されることを意味する表現に由来している。最後から2番目のトラック「Join The Resistance」の陽気でエコーがかかったグルーヴは生命を吹き込み、サバス風の巨大なリフで解放の瞬間へと続く。

どのような服用量であれ、どのような治療法であれ、今こそ薬を飲む時だ。

『Medicine』ストリーミング

Levitation のセッションに出演した「Golden Dawn」のライブ映像が公開!

関連記事
イベント情報
  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • LANY 来日公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!