Wild Nothing、待望のニューアルバム『Hold』をリリース!

2023.08.16

Wild Nothing、待望のニューアルバム『Hold』を 10/27 リリース!

LAを拠点に活動するジャック・テイタムによるプロジェクト Wild Nothing (ワイルド・ナッシング) が待望のニューアルバム『Hold』を 10/27 リリース!Hatchie をフィーチャーした先行シングル「Headlights On」のミュージックビデオ公開しました。ジャック・テイタムが Wild Nothing 名義で発表した5枚目のアルバム『Hold』は、パンデミック(世界的大流行)のさなかに新たな子育てを経験した後に書かれたため、模索的で実存的な音楽になるのは必然だったのかもしれない。しかし、レコーディングの過程で、シンセ・ポップのセンスの良さで知られるこのアーティストは、新たなサウンドの極致と、より幅広い影響力に到達する機会と捉えた。

Hatchie をフィーチャーした先行シングル「Headlights On」のMV公開!

長年のコラボレーターである Jorge Elbrecht、Beach Fossils の Tommy Davidson そして Hatchie こと Harriette Pilbeam が参加したファースト・シングル「Headlights On」は、アシッド・ハウスにふさわしいベース・グルーヴとブレイクビートが特徴で、テイタムが大音量でプレイしていることを証明している。しかし、このクラブの雰囲気はミスディレクションだ。

この曲は楽しい曲だが、歌詞の内容は、僕と妻の関係で最悪の時期があったことを歌っているんだ。「なぜかわからないけど、僕はいつもこういう並置やバランスを取ることに惹かれるんだ。

収録曲「Suburban Solutions」のMVを公開!

テイタムは、パンデミックによる困難のため、部分的には必要に迫られて、残りのレコードを一人で制作した。「何よりも、このレコードは僕の最初のLP制作を思い出させてくれた。」曲は最終的に、リッチモンドのモントローズ・レコーディングにいるエイドリアン・オルセンのところに持ち込まれ、ドラムのレコーディングと穴埋めが始まった。『Hold』は、孤独の産物であると同時に、テイタムがこれまでのアルバムや、Japanese Breakfast や Molly Burch との高い評価を得ている活動の中で、コラボレーターから学んだことも反映している。

ミックスは Geoff Swan が担当し、彼は Caroline Polachek や Charli XCX との仕事でリスナーにも知られている。

Geoff Swan に連絡を取ったのは、このサウンドを可能な限り大きくする手助けをしてくれる人を見つけたかったからだ。僕はいつも80年代の大きなテントで活動するアーティストにとてもインスパイアされ、惹かれてきた。Peter Gabriel と Kate Bush は、これまでで最も大きな影響を受けた2人だ。

Geoff Swan は、テイタムのヴォーカルをミックスの高い位置に配置し、アルバム全体を通して、かつてないほど遊び心のあるヴォーカル・プロセッシングを取り入れた。「Basement El Dorado」では、荒廃した世界で天国を探すことを歌っている。

ちょっと生意気だけど、天国があったらいいなと純粋に願っているんだ。地球温暖化とか、世界が燃えているとか、あまり強引なことは言いたくなかった。少なくとも私はそう考えている。天国とは地上の場所であり、これが私たちのすべてなのです。

収録曲「Dial Tone」のビジュアライザーを公開!

テイタムは2019年当時、『Hold』を構成することになる曲で遊び始めたとき、必ずしもスピリチュアリティについて考えていたわけではなかったが、もちろん、すぐに人生が介入してきた。2020年2月、リッチモンドの自宅にホームスタジオを設置し終えたとき、息子が生まれた。その数週間後、戸締り命令が出され、子育て初期の眠れない夜は、さらに深い孤独へと変わっていった。

この世に新しい命を授かることで、自分自身の定義や目的が劇的に変化する。以前は、私は音楽とそのすべて、執筆、旅に自分自身の多くを包んでいた。それが本当の自分だと思っていた。子供ができて、それができなくなったことで、自分にとって何が大切なのかがよくわかった。なぜ人は神聖な信仰に惹かれるのか、なぜ答えを得ようとすることが気持ちいいのか、その理由がよく理解できた。

彼が主に影響を受けたアヴァン・ポップの雰囲気を避けずに、彼の実存的な瞬間はいくつかの新しい窓を開いた。

息子がまだ乳児だったころのパンデミック初期、奇妙なことに私を本当に落ち着かせてくれた数少ないもののひとつがダンスミュージックだった。眠れない夜が何度もあって、ヘッドホンをつけて起きていた。その間、私は Underworld を聴いていた。どういうわけか、それが私の脳を正しい状態に導いてくれた。

子育てについて書くときに新境地を開くのは難しいが、『Hold』でテイタムはその高揚した平凡さに身をゆだね、大きな疑問に斜めにアプローチしている。赤ちゃんは目を覚まし、車は道路を走り、人々は鏡に映る自分の姿を確認する。テイタムは5年ほど前、スケールダウンしたライフスタイルを求めてロサンゼルスから故郷のバージニア州に戻ってきた。比較的郊外にあるこの環境は、時折後悔の念を呼び起こし、アーティストの格好の材料となった。

大きな決断を下し、それに完全にコミットし、それが正しい選択だと100%わかっていても、失敗したかな?これは本当に最善の選択だったのだろうか?

それは現代アメリカのパラドックスであり、郊外は芸術にとって茫漠としたものであるはずなのに、人間の絶望に満ちていて、ドラマ化するのに最適なのだ。「Suburban Solutions」では、酸のように明るいシンセサイザーのメロディでアンチ・ジングルを提示し、点線にサインして足を上げ、甘い忘却を受け入れるよう暗示する。この曲の威嚇的な陽気さに拍車をかけているのが、Molly Burch とテイタムの妻ダナの協力で作られた、コーラスで歌われるブリッジである。

80年代の音楽に取りつかれ、2023年に音楽を作っている人間としてとても素晴らしいのは、自分が80年代を生きていないということだ。だから、当時何がクールだったとか、そうでなかったとか、そういうことは全く関係ないんだ。

アルバム『Hold』のディレクターズカットを公開!

デザイン上、『Hold』は不確実性と恐怖に満ちているが、瞑想と平静を促すようなパッケージになっている。

パンデミックに直面して、私は親であることが本当に私の手を強いたと思います。世界を前向きにとらえるしかないと思った。もし、私がどんなときでも屈服して、”ああ、何もかもひどい” と言ってしまったら、私は負けたような気がして、息子がこの世界で成長することをあきらめてしまうでしょう。

『Hold』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • JP Cooper 来日公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • LANY 来日公演