スウェーデンのエクスペリメンタル・バンド Goat、ニューアルバム『Oh Death』を 10/21 リリース!

Photo by GOAT

スウェーデンの無国籍エクスペリメンタル・異次元サイケロック・バンド Goat (ゴート)、ニューアルバム『Oh Death』を Rocket Recordings から 10/21 リリース!先行シングル「Under No Nation」のミュージックビデオを公開。強力なサイキック戦士、神秘のチャネラー、そしてこの領域を超えたスピリチュアルな探求の支持者である Goat は、謎に包まれたバンドであり続けています。スウェーデンの Korpilombo という謎めいた村から、過去10年間、世界中のステージやフェスティバルを渡り歩いてきたこのバンドは、自分たちの座標軸に従って扇情的な音楽を作り、自分たちのコードに従って厳密に進んできた。

先行シングル「Under No Nation」のMV公開!

そんな彼らの2016年発表のアルバム『Requiem』が、彼らの最後の作品となることは、そのタイトルから察しがつくかもしれない。しかし、Goat の世界では物事は決してそんなに予測できるものではなく、彼らのアートによって召喚された祖先の霊は常に落ち着きがないのである。こうして永遠の再生のサイクルは、このバンドが作ったどの作品にも劣らない強力な儀式の火付け役である『Oh Death』を見事に生み出したのだ。

収録曲「Do The Dance」のMV公開!

私たちがその起源を推測することができる力によって活性化された『Oh Death』は、誰もが歓迎するパーティーである。安易な分類を軽々と振り払い、熱を帯びたセレナーデは、ZEレコードのポストパンクのように、70年代のファンクのような心地よさがある。フォーク調の呪文とフリージャズのスクロンクはここで共通項を見つけ、容赦ない前進と荒々しいエネルギーに支えられている。

そして、そのすべてがグノーシス的なグルーヴの中に閉じ込められ、全体が螺旋状に軌道を描くように展開する。Thin Lizzy 風のツイン・ギター・ハーモニー「Blow The Horns」、アントミュージック風のストンプ「Do The Dance」、Eddie Hazel 風のファズ「Soon You Die」などが盛り込まれており『Oh Death』の高揚感は倍増するばかりである。

しかし、このような楽しみの宝庫の中で、このレコードは Goat 以外の誰のものでもないように聞こえるのだ。福音的なエランは無謀な無頓着と戦い、ヴォーカルのマントラはダンスフロアに適した激しさの中で正しい武装の呼びかけを形成している。しかし、「Passes Like Clouds」のデザートブルースや「Remind Yourself」の Tom Tom Club 風のグローバルなリズムを扱う一方で『Oh Death』は、地理的、音楽的、またはこの世とあの世の境界線を統合し、活性化させ、超越させる超自然の力によって駆動されている。これらの賢者や予言者の手にかかれば、これはほんの始まりに過ぎないのだ。Goat『Oh Death』、Goat 万歳。