Devendra Banhart & Noah Georgeson、アンビエント・アルバム『Refuge』をリリース!

テキサス生まれのシンガーソングライター Devendra Banhart と彼の頻繁なプロデューサーである Noah Georgeson タッグを組んだ、Devendra Banhart & Noah Georgeson 名義のアンビエント・アルバム『Refuge』を Friends Of / Dead Oceans から 8/13 リリース!先行シングル「In A Cistern」と「Into Clouds」のミュージックビデオを公開しました。昨年の春、Devendra Banhart (デヴェンドラ・バンハート) と Noah Georgeson (ノア・ジョージソン) は、それまでに作ったことのないようなレコードを作り始めました。突然恐怖に襲われた世界からの避難所であると同時に、20年以上にわたって友人でありコラボレーションを続けてきた2人のアーティストによる心のこもった音楽的対話でもあるアンビエント・アルバムです。

収録曲「A Cat & Aran in Repose」の映像を公開!

『Refuge』は、深遠な瞑想的な美しさを持つアルバムで、リスナーが必要としている平和と再生の感覚を与えてくれます。しかし、このアルバムは2020年に録音されたものですが、そのルーツはもっと古く、二人の友情の始まり、さらには子供時代に共有していた音や倫理観にまで遡ります。デヴェンドラはベネズエラで育ち、6歳年上のノアはカリフォルニア州ネバダ・シティ出身である。瞑想、東洋音楽、バガヴァッド・ギーター、ホール・アース・カタログなど、1980年代のニューエイジ・サブカルチャーの中で、彼らは似たような歴史を歩んできたことに気がつきました。

『Refuge』ストリーミング

子供の頃の記憶は、健康食品店の香りや、ウィンダムヒルレコードのようなニューエイジレーベルのサウンドで彩られていました。Joanna Newsom や The Strokes などのプロデュースやミキシングを手がけるノアは、デヴェンドラの2005年のアルバム『Cripple Crow』の共同プロデューサーとして参加して以来、ずっと一緒に仕事をしてきました。デヴェンドラの2019年のアルバム『Ma』を制作しているときに、2人はついにアンビエント・レコードを制作することにしました。

物流が複雑になったにもかかわらず、『2020』は、このような瞑想的で治療的な品質を持つ音楽への感情的な渇望を生み出しました。過去の記憶と現在のニーズの両方にインスパイアされた『Refuge』は、リスナーに息をつく余地を与える、仲間意識と寛大さのある作品です。「私たちは、心地よさと今の瞬間に立ち返る感覚を生み出したいと思っています」とデヴェンドラは言います。

不安や衝動との間に少しの空間を持つことは、とても大切なことです。そのスペースで何をするかは、あなた次第です。