Devendra Banhart、4年ぶりのニューアルバム『Flying Wig』をリリース!

2023.06.13

アメリカ/ベネズエラ出身のシンガーソングライター Devendra Banhart (デヴェンドラ・バンハート)、Cate Le Bon をプロデューサーに迎えた4年ぶりのソロ・ニューアルバム『Flying Wig』を Mexican Summer から 9/22 リリース!先行シングル「Twin」のミュージックビデオを公開。本作『Flying Wig』は二重性を繰り返すアルバムであり、逆説の缶詰、虫の箱である。レッドウッドと松林に囲まれた山小屋のスタジオで、バンハートは「常に The Grateful Dead を聴いていた」。

収録曲「Sirens」のMV公開!

収録曲「Nun」のリリックビデオを公開!

高名なソロ・アーティストであり、マルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサー、そして Mexican Summer の安定したパートナーである Cate Le Bon (ケイト・ル・ボン) との “貴重な友情” が結実したこのアルバムは、2人の初期のソロ・アルバムの鏡像のようなタイトル (バンハートの2002年の『Oh Me Oh My』とル・ボンの2009年の『Me Oh My』) が予言するような出会いであり、粗雑なヘアカットと自作のタトゥーで築かれた優しさが予言するような出会いであったが、これまでレコーディング・スタジオに持ち込まれることはなかった。

収録曲「Fireflies」のMV公開!

このレコードを一緒に作りたかったのは彼女だけなんだ。エレクトロニックでありながらオーガニックで温かみのある、新しいサウンドが欲しかったのは確かです…シンセサイザーのエモーショナルな側面を引き出して強調したかったんです。

絶望を感謝に、傷を許しに、悲しみを賛美に変える” 儀式的な創作活動の産物であり、悲しみは形を変えながら美化され、”とてもメランコリックなマッサージを受けているような、あるいは泣いているような、でも本当に素敵な服を着ているような…泣くなら最高のドレスを着て泣きたい” レコードに結実している。

『Flying Wig』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!