LAのシンガーソングライター Alaska Reid、新作EP『Big Bunny』を 12/11 リリース!

収録曲「Big Bunny」のMV公開!

2020.11.24

Alaska Reid

オルタナロック・バンド Alyeska を率いていた、モンタナ州パーク郡の出身LAを拠点に活動するシンガーソングライター 、ソロ新作EP『Big Bunny』を Terrible Records から 12/11 リリース!ニューシングル「Oblivion」のミュージックビデオを公開しました。この曲は、PC Music のヘッド A. G. Cook と XL Recordings の Rodaidh McDonald がプロデュースで参加しています。また同楽曲のMVは彼女の妹 Lilliya Reid が監督を務めています。

Alaska Reid はMVの世界観について「偽の血を流すための十分なお金と、クレイトン・ペテットによる編集のための少しのお金があったんだ。私のビデオに出てくる女の子たちは、私と私の妹の幼少期からの友人たちだ。アルバートソンの駐車場の雪の中でケツを凍らせて氷の上を滑らせているんだ。Oblivion」は、モンタナ、LA、ロンドンと、これまでの私の人生の中で、特別な人たちや人生の要素を巻き込んだ「少女対世界」の物語なの。」と話しています。

先行シングル「Boys From Town」

モンタナからロサンゼルスまでの彼女の育った環境を明確に融合させたこの作品は、カントリーとアメリカーナの要素と、軽やかなポップさと痛烈なリリシズムが結びついている。リードは、若い女性を中心に、自分の経験を織り交ぜながら物語を書いています。彼女のサウンドは、ジョニ・ミッチェルやポール・ウェスターバーグなどの作家やアーティストの影響を受けている。彼女の声とギターは、彼女のサウンドの北極星となり、ポップな構成の曲とプログラムされたドラムビートに囲まれて、彼女の新たなジャンルをサポートしている。