ブルックリンのインディーロック・バンド Beach Fossils、ニューアルバム『Bunny』を リリース!

2023.03.07

Beach Fossils

Photo by Sinna Nasseri

NYブルックリンのインディーロック・バンド Beach Fossils、6年ぶりとなる4枚目のスタジオアルバム『Bunny』を Bayonet Records から 6/2 リリース!先行シングル「Don’t Fade Away」のミュージックビデオを公開しました。ベッドルーム・ポップの先駆者である Beach Fossils のニューアルバム『Bunny』は、2010年代に最も影響力のあったニューヨークのバンドの1つであり、勝利の帰還である。

先行シングル「Don’t Fade Away」のMV公開!

本作『Bunny』は、彼らが開拓したドリーム・ポップ、おなじみのポスト・パンクの活力、熟練したミュージシャンによる洗練されたソングライティングを正確にブレンドした、11の新しいクラシックを私たちに届けてくれます。このアルバムにはボーカル/ギターの、Dustin Payseur の最も傷つきやすい歌詞が収録されています。彼は正直であること、そして自分の感情の世界を洞察することを自分自身に課しているのです。家族の癌闘病、父親としての喜び、友人と車の窓からタバコを吸うことなど、痛烈な言葉から、バンドにとって最も鮮明で個人的な作品となっています。

収録曲「Run To The Moon」のMV公開!

収録曲「Dare Me」のMV公開!

Beach Fossils は、Coachella、Bonnaroo、Primavera、Posty Fest でスポットライトを浴び、Brooklyn Steel、The Wiltern、Thalia Hall といった会場では、ソールドアウトのヘッドライン公演を行っています。『The Other Side of Life: Piano Ballads』はビルボードのトラディショナル・ジャズ・アルバム・チャートで3位を獲得し、バンドは最近、Spotify の月間リスナーが200万人を突破、すべてのプラットフォームで月間リスナー数が700万人を突破しました。

収録曲「Seconds」のMV公開!

『Bunny』ストリーミング

tracklist:
1.Sleeping On My Own
2.Run To The Moon
3.Don’t Fade Away
4.(Just Like The) Setting Sun
5.Anything Is Anything
6.Dare Me
7.Feel So High
8.Tough Love
9.Seconds
10.Numb
11.Waterfall

関連記事
イベント情報
  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • LANY 来日公演

  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!

  • JP Cooper 来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024