Alaska Reid、共同プロデュースに A. G. Cook を迎えたデビューアルバム『Disenchanter』をリリース!

2023.03.07

Alaska Reid

LAを拠点に活動するシンガーソングライター Alaska Reid (アラスカ・リード)、共同プロデュースに A. G. Cook を迎えた待望のデビューアルバム『Disenchanter』を Luminelle Recordings から 7/14 リリース!先行シングル「Back To This」のミュージックビデオを公開しました。Alaska Reid は、モンタナ州南西部にある人口8,000人ほどの辺境都市出身で、現在はロサンゼルスで活動しているが、故郷をあきらめることはできない。

先行シングル「Back To This」のMV公開!

彼女のキャリアはこの地で始まり、地下室や教会、ジムで歌い、最初のバンド Alyeska を結成しました。やがて才能と両親のミニバンによって、彼女はさらに西へ向かうツアーに参加するようになった。現在、リードは海岸線と西部の山岳地帯を行き来し、できる限り時間を割いて、両方の都市で仕事をしています。

私は、場所が曲作りに与える影響や、地域限定の曲作りというアイデアに興味があります。自分の故郷からインスピレーションを受けつつも、それに囚われることなく、健全な関係を保っているつもりです。

収録曲「She Wonders」のMV公開!

リードに自分のサウンドをどう定義するかと尋ねると、彼女は迷った末に “マウンテン・ポップ” にたどり着くだろう。2020年、彼女はウサギを追いかけ、小川に瓶を投げ入れ、湿った古い家でキスをする青春を描いたプロジェクト『Big Bunny』を発表した。同様に、『Disenchanter』は曲のコレクションであると同時に、物語のコレクションでもある。リードの父親は作家であり、彼女はグレアム・グリーンのような小説家を最大のインスピレーションの源として、強固な文学コミュニティで育ちました。

カントリーミュージックが好きなのは、ストーリーテリングが好きだからです。このアルバムのすべてのトラックには、私の自伝の要素が含まれていますが、その量はさまざまです。このアルバムのすべての曲には、私の自伝の要素が含まれていますが、その量は様々です。私は、合成されたキャラクターや、友人を基にしたキャラクターを書き、真実の中にフィクションの断片を紛れ込ませています。

収録曲「Palomino」のビジュアライザーを公開!

リードの主な楽器はギターだが、『Disenchanter』では A. G. Cook と一緒に作業した。彼のシンセとデュオのペダルの組み合わせにより、リードはモンタナとカリフォルニアの両方の自宅で各曲をライブ録音し、自分のポップな傾向を探求することができた。

私はライブを何度もやっているので、ほとんどの曲には、ライブのセットアップに敬意を表して、私の個人的なチェーンで少なくとも1本のギターがあります。そして、A.G.のペダルの組み合わせをトラックに重ね、そのコントラストがそれぞれの音楽的アプローチを映し出しています。

リードが最も影響を受けたソングライターのように (彼女は Paul Westerberg や J Mascis と並んで Joni Mitchell の名前を挙げている)、『Disenchanter』は感情的な状態の風景を語り、いくつかは生きたもの、いくつかは借りたものだ。

私はファンタジーをよく読みますが、私が紹介されたフィーンド・フォリオと呼ばれるキャラクターがいます。彼は、魔法の品物に接触することでその力を吸収し、逆にその魔力を奪い、幻滅させることができます。病的かもしれませんが、作家はある体験を取り上げ、それを何度も何度も回して、注意を払う価値のあるもの、魅惑的なものを探し、そうすることで魔法の一部を抜き取り、自分のものへと代謝させるのです。

リードは自分自身を “disenchanter” と考えているかもしれませんが、彼女の作品はその逆も行っています。日常的な、過ぎ去った瞬間に魔法を見つけ、それを記憶に留める価値のあるものにするのです。

『Disenchanter』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演