アイルランドの詩人でありパフォーマー Sinead O'Brien、デビューEP『Drowning in Blessings』をリリース!

アイルランドの詩人でありパフォーマー Sinead O’Brien がデビューEP『Drowning in Blessings』を Chess Club Records からリリース!プロデューサーに Dan Carey (Speedy Wundergroud, Fontaines DC, Kate Tempest) を起用した本作は、最近のリードシングル「Fall With Me」やEP曲「Roman Ruins」「Strangers In Danger」など、これまでのシングルを収録した Sinead O’Brien 初のEP作品。

リムリック出身の Sinead O’Brien の作品は、ジャンルを超えた方法で日常とその中間を捉えている。Sinead O’Brien の作品には、Mark E. Smith の『The Fall』、Patti Smith の『The Slits』、Frank O’Hara、W.B. Yeats、Joan Didion、Albert Camus などの文学的アイコンの作品など、彼女自身の観察から得た影響が見られます。

トラックはお互いを暗示し、参照し合い、未来や過去への手がかりやヒントを与えてくれます。それは言葉や音楽だけではなく、エネルギーや空間、他の人が入れる余地を残すことにも関係しています。多面的なアーティストである Sinead O’Brien の文章は、T.S. Eliot、Sylvia Plath、William Burroughs などの卒業生を輩出している尊敬すべきロンドン・マガジンにも掲載されています。彼女の独特な口語歌詞とアート・ロックの融合は、両分野の著名人の注目を集め、John Cooper Clarke や The Brian Jonestown Massacre との共演では、イギリス中の劇場で完売した。