フィラデルフィアのシューゲイザーとフォークの中間に位置するバンド Knifeplay、アルバム『Animal Drowning』をリリース!

フィラデルフィアのシューゲイザーとフォークの中間に位置するバンド Knifeplay (ナイフプレイ)、ニューアルバム『Animal Drowning』を Topshelf Records から 10/19 リリース!先行シングル「Promise」のミュージックビデオを公開。Knifeplay は、シューゲイザーが持つ虚無的な冷静さと、フォークソングライティングが持つ感情的な正直さの中間に位置する、定義しがたいバンドとして知られている。

先行シングル「Promise」のMV公開!

Knifeplay のセカンドアルバム、そして初のスタジオアルバム『Animal Drowning』は、シューゲイザーと高尚なスローコアの広大な風景を表現しています。このアルバムでは、民族楽器、ディストーションの壁、オーケストラの弦楽器、繊細なボーカルがブレンドされ、Nothing や Kurt Vile などとの仕事で知られるフィラデルフィアのエンジニア/プロデューサー Jeff Zeigler によってすべてが慎重に構成されていることに気づきます。

収録曲「Animal」の試聴が開始!

Knifeplay のサウンドパレットは広大だが、フロントマンの Tj Strohmer が虚無的な世界を背景にあらゆる種類の喪失に触れるテーマ性の強い曲作りを行うために、まとまりのある美学を作り上げている。これらの曲は、そのテンポやダイナミックさに関わらず、切迫感をもって叫び、それぞれが悲劇のユニークなヴィネットを描いています。しかし、緻密に構成されたバンドの楽器は美しさを放ち、主題とのバランスを取るための明るさを生み出しています。

『Animal Drowning』ストリーミング

Knifeplay は『Animal Drowning』で、初期のベッドルームレコーディングで愛されたサウンドの実験性と残酷なまでに正直なリリックをより深く追求し、前作を巧みに発展させた魅惑的な体験を作り上げました。

Audiotree Live に出演したフルライブ映像が公開!

Knifeplay は、シューゲイザーが持つ虚無的な冷静さと、フォークソングライティングが持つ感情的な正直さの中間に位置する、定義を覆すようなバンドです。元々は Tj Strohmer のソロベッドルーム録音プロジェクトでしたが、共同制作、制作に焦点を当てたスタジオ録音バンドへとゆっくりと慎重に移行してきました。Strohmer の哲学的なソングライティングは、死、ドラッグ、失恋、虐待、自己破壊をテーマにしています。人間の経験を定義するこれらの重い真実は、豪華なオーケストラの楽器で繊細に表現され、曲の重い主題に美しい明るさを与えています。

tracklist:
1.Nobody
2.Lonely Sun
3.Promise
4.Bleed
5.Animal
6.Deserve
7.Hearts
8.Ryan Song
9.Untitled
10.Cold Rain