Speedy Wunderground レーベル創設者 Dan Carey のプロジェクト、Miss Tiny がデビューEP『DEN7』を 7/23 リリース!

2023.05.23

Miss Tiny

Photo by Holly Whittaker

Speedy Wunderground の Dan Carey と Childhood の Benjamin Romans-Hopcraft によるプロジェクト、Miss Tiny (ミス・タイニー) がデビューEP『DEN7』を Speedy Wunderground / [PIAS] から 7/23 リリース!ニューシングル「The Beggar」を公開しました。Miss Tiny は、Warmduscher、Insecure Men、Childhood で有名な Ben Romans-Hopcraft と、高名なレコードプロデューサーで Speedy Wunderground レーベル創設者の Dan Carey (Wet Leg、 Slowthai、Fontaines D.C.) による全く新しい音楽プロジェクトです。

ニューシングル「The Beggar」を公開

精神的に、そして理路整然と一体となった Miss Tiny の世界は、伝統、反抗、そして長年の友情の間のロマンスを徹底的に追求し、時間の感覚や外部からの圧力もなく、すべての変数が一つのサインされた出力に向かって引き寄せられる三連符である。10年の大半を行き当たりばったりのジャムセッションに費やしてきた Carey と Romans-Hopcraft は、やがて自分たちの基本原則を発見することになる。そして、その基本理念は、ミス・タイニーのさまざまな形態や姿を定義することになるのです。

私たちはそれをアンチ・レコーディングと呼んでいました。ただ、それをすることの喜びのためにそれをする。 – Dan Carey

この実践に完全にコミットしたとき、音楽は2つのコースを丹念にたどります。レコードを押すという行為がその場の所有権を握り、実験が何か具体的なものへと向かう下降スパイラルに陥ることを恐れて、二度と聴くことも、再体験することもないのです。偉大なプロデューサーと批評家として尊敬されているミュージシャンが、レコーディングに対するお互いの嫌悪感からバンドを組むという皮肉は、決して悪いことではありません。

実際、彼らは誇りを持ってそれを問題にする最初の人物である。それでもなお、Miss Tiny は、あらゆる周辺的な関連性にもかかわらず、自分自身を保持し、最終的に文書化されることになる。これは「座って曲を書く」ような曲ではない。デュオのデビューEP『DEN7』を形作ることになるこの突発的なアイデアは、何年にもわたる試行錯誤の賜物である。試行錯誤と高揚感。ギターとドラム、あるいは肉と血のような記憶の意味を刷新するために、強力なテクニックとメロディ操作だけが必要とされるプロセスです。

ストリーサムにある Carry のスタジオ Speedy Wunderground で制作・録音された『DEN7』は、メンバーに必要なものがないグループの見事な入門編である。Carey と Romans-Hopcraft は、即興で作った曲を、自分たちが学ぶべき曲へと切り刻み、編集し、再定義することで、偶然にも金粉を手に入れた。アリスと覗き窓のように、この2人の主人公は、予想外のものを見るために、あらゆる工学的な論理の概念を軽々と通り抜けます。大局的な視点。あるいは、最も重要な小さなものの中にある魔法を。

関連記事
イベント情報
  • POLYPHIA 来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Jungle 来日公演

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • strongboi Japan Tour 2024

  • Mac Ayres の初来日公演が決定!