Puma Blue、待望のデビューアルバム『In Praise of Shadows』を来年 1/29 リリース!

Puma Blue

ロンドンのシンガーソングライター (プーマ・ブルー) 待望のデビューアルバム『In Praise of Shadows』を Blue Flowers から来年 1/29 リリース!先行シングル「Velvet Leaves」のミュージックビデオを公開しました。2枚のEP『Swum Baby』、『Blood Loss』、2枚のシングル「Want Me」、「Only Trying 2 Tell U / Moon Undah Water」、そしてライブアルバム『On His Own (Live at Eddie’s Attic, Atlanta)』をリリースした は、UKで最も重要な新人アーティストの一人としての地位を確立。

リード曲「Velvet Leaves」のMVを公開!

そして今、Blue Flowers から待望のデビューアルバム『In Praise of Shadows』がリリースされる。『In Praise of Shadows』は、ソウルフルなボーカル、D’Angelo 風のギター、ミュートされたエレクトロニック・ビートで構成されています。25歳のPuma Blue、本名 Jacob Allen は「暗闇の中に光を見つけて、それが今日の私を導いてくれたものだと気づくことだ」と語っている。

このアルバムは、過去の人間関係についてのほろ苦い考察から、「彼女を大切にすることを学ばなかった」とジェイコブが嘆く「Cherish (furs)」、そして「Already Falling」や「Sheets」のような純粋な愛に満ちた独り言まで、その開放性に驚くべきものがある。この曲は、ミシェル・ゴンドリー監督の『Eternal Sunshine of the Spotless Mind』のスコアからサンプルを引用し、軽快なラブソングとして再利用したもので、アレンは「家の中に置いておくと、早く出かけるときに見つけられるような、本当に個人的なメモのようなもの」と表現しています。リードシングル「Velvet Leaves」では、その開放感がより顕著に表れている。爽やかなヒップホップ・ビートに乗せて、アレンの最大の影響者の一人であるジェフ・バックリーを彷彿とさせるリバーブに満ちたウェイブが最高潮に達したこの曲では、今でもパニック発作を起こしそうになった出来事が語られている。