Deradoorian、Can やフリージャズの巨匠たちにインスパイアされた新作『Find The Sun』をリリース!

収録曲「Sun」のMV公開!

2020.09.18

Deradoorian

元Dirty Projectors のメンバーとして知られる、ヴィジョナリーアート・オルタナポップ・ミュージシャン Angel こと (デラドゥーリアン) が ANTI- Records と契約し、ニューアルバム『Find The Sun』を 5/22 リリース!神秘的な先行シングル「Saturnine Night」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムは、Can の自由さと Damo Suzuki の歌唱スタイル、そしてインドのスピリチュアリティな Pharoah Sanders や Sun Ra のようなフリージャズの巨匠たちにインスパイアされた。 は霊に導かれたロック・レコードで、運命的なシャーマニックサウンドに引き寄せられ、ベル、フルート、ゴングを振り回します。

『Find the Sun』は座って聴いて、自分自身に問いかけるためのレコードなんだ

全体的に、これらの曲の多くは、自分自身に到達しようとしていること、つまり、どうすれば自分自身を最大限に発揮できるのか、ということを歌っています。輝かしい自分」Deradoorian は続ける 「…私たちは、実際にはこれをサポートしていない文化から来ています。社会の境界線に従うように深くプログラムされています。私たちは、私たちが内包している力を知らないのです

収録曲「Monk’s Robes」のMVを公開!

これらの曲はスケッチから始まり、夏にロックウェイズのビーチで過ごした間に、より強いコンセプトへと変化していきました。Deradoorian の友人でありパーカッショニストでもある Samer Ghadry と一緒に、砂地に寝転んで太陽の光を吸収し、瞑想用のボウルを演奏し、歌詞を書き、音楽について語り合いました。

収録曲「It Was Me」のアニメーションビデオを公開!

この部屋のエネルギーと広さはバンドの4人目のメンバーとしての役割を果たしており、その古びた梁と洞窟のような天井は、生来の空間感覚でドラムトラックを彩っている。『Find the Sun』は、時間の非線形性を表現したものであり、自己の現在のバージョンは存在しないという考えを表現している。その瞬間を捉えているからこそ、このレコードは生々しいのだ。あなたの目の前にあるものは何でも、あなたが今取り組んでいるものであり、それはそれでいいのです。

リスナーとしても、音楽と一緒に物理的にその瞬間にいることで、心と体が合体する場所に戻ってくるんだ。そういう意味では、音や言葉に自分を投影し、音楽の中の音の波のようなエーテル的なもので自分の肉体を映し出すのに適しています。「『Find the Sun』は座って聴いて、自分自身に問いかけるためのレコードなんだ」と Deradoorian は言う。アルバムリリース月には、Stereolab 待望の北米再結成ツアーのサポートとして全公演に出演予定でしたが新型コロナウイルスの影響で延期となっている。

tracklist:
1. Red Den
2. Corsican Shores
3. Saturnine Night
4. Monk’s Robes
5. The Illuminator
6. Waterlily
7. It Was Me
8. Devil’s Market
9. Mask of Yesterday
10. Sun