Phum Viphurit (プム・ヴィプリット)、ニューEP『Bangkok Balter Club』をリリース!

Phum Viphurit

今年のサマーソニック2019にも出演、アジアでもっとも期待されているタイ人アーティスト (プム・ヴィプリット) が4曲入りのニューEP『Bangkok Balter Club』を 9/8 にリリースした。YouTube で4500万回再生のヒットシングル「Lover Boy」と、650万回再生の「Hello, Anxiety」を収録する。

シングル「Lover Boy」がYouTubeで4500万回再生され世界的にブレイク。サマーソニック2019にも出演し、いまアジアでもっとも期待されるアーティストとなったタイのシンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。2017年にリリースされたデビュー・アルバム『Manchild』(日本では2018年リリース)につづく待望のEP『Bangkok Balter Club』がデジタル・リリース!2作のヒット・シングル「Lover Boy」「Hello, Anxiety」の他、新曲「Softly Spoken」と「Pluto」の4曲を収録。

「昨年、ぼくの人生は激変した。数々のツアーから、まわりの人たちとの関わりまで、すべてが色鮮やかにぼやけている。このEPは旅や人々、活動、この時代のムードにとてもインスパイアされている。バンコクの祖母の家で書いたこれらの曲のなかに安らぎをみつけてくれることを心から願っている」

「タイで最初のインディー・ポップ・スター」(by 「Rolling Stone」誌)と評されるプム・ヴィプリットはこの2年間で急速に注目を集めている。『Bangkok Balter Club』(「balter」は中世英語で「ぎこちなくダンスする」という意味)に収録された「Lover Boy」以外の3曲は、新たに獲得した名声によって(あるいは、それにもかかわらず)作られ、保たれた内側と外側の世界への所属やルーツからひとりの若者が自らの視点を取り戻す物語として書かれている。

EP『Bangkok Balter Clu』

このEPから感情が表に出すぎない自己認識の強い思いをリスナーは感じるだろう。自らの病や恐怖や嘘を受け入れる招待状。2019年3月にリリースされ、YouTubeで650万回再生のシングル「Hello, Anxiety」はファンクにインパイアされたディスコ・トラックで、混沌に満ちた心のなかで安らぎをみつけることについて歌われている。「このリフはきみのために書いたんだ」とささやくように歌うバラード「Softly Spoken」と、プム・ヴィプリットの楽曲のなかでももっともメロウでスウィートな新たな名曲「Pluto」。そして、プム・ヴィプリットのブレイクのきっかけとなった説明不要のヒット・シングル「Lover Boy」。バンコクの祖母の家で書かれたこれらの楽曲は、まるでその祖母の家のように安心で親しみがある場所へと招かれたようなノスタルジーを与えてくれる。

■リリース情報
アーティスト:Phum Viphurit(プム・ヴィプリット)
タイトル:Bangkok Balter Club(バンコク・ボルター・クラブ)
レーベル:Rats Records
フォーマット:デジタルダウンロード/ストリーミング
発売日:2019年9月8日(日)

<トラックリスト>
1. Lover Boy
2. Softly Spoken
3. Pluto
4. Hello, Anxiety