NYのデュオ Callahan & Witscher、デビューアルバム『Think Differently』を 9/6 リリース!

2024.07.02

Callahan & Witscher

NYのデュオ Callahan & Witscher がデビューアルバム『Think Differently』を Post Present Medium から 9/6 リリース!Sedona をフィーチャーした先行シングル「Long Drive」のミュージックビデオを公開。本作『Think Differently』は、Callahan (キャラハン) と Witscher (ウィッチャー) のデュオによるデビューLPである。

Sedona をフィーチャーした先行シングル「Long Drive」のMV公開!

ジェフ・ウィッチャーは、Pan と NNA Tapes からのリリースを筆頭に、20年にわたりアメリカのアンダーグラウンド・ミュージック界で最も大胆な声の持ち主である。ジャック・キャラハンの音に対する集中した妥協のないアプローチは、デムダイク・ステアの DDS レーベルとスイスの作曲家 Jürg Frey の目に留まり、彼はキャラハンを最初の作曲の生徒として迎えた。

しかし、『Think Differently』のサウンドは、オープンカーに乗ったピットブルのようでもあり、砂を蹴散らすビーチパーティーのようでもあり、311 や Smash Mouth から得られるドーパミンのようでもある。パンチの効いた、歯ごたえのある、感染力の高いレコードだ。キャラハンとウィッチャーは、アヴァンギャルド音楽の亡霊のような端っこから、ポスト・グランジ・アメリカン・ハード・ロックの溝へと、どうやって道を切り開いたのだろうか?

キャラハンの言葉を借りれば、「ある時点で、より強いドラッグが必要になってくる。」この強力なドラッグの最も強力な特徴はギターである。しかも、ただのギターではなく、生意気で、伝染性のある、陽気なギターだ。このギターの存在は、これまで何十枚ものレコードを作ってきた2人にとって劇的な変化である。キャラハンのギター・プレイの涼やかな風とハイパーでアクティブなフレットワークと並んで、曲は闊達でグルーヴに満ちたボーカルに支えられている。

どの曲も入念なコラージュで、軽快だが濃密で、ギャングのコーラス、ソウルフルなフェム・ボーカル、オートチューン、ウィスパー・スクラッチで装飾されている。この積み重ねが、このアルバムの強烈な恐怖の底流をほとんど隠すことに成功している。『Think Differently』は注意深く展開され、スローモーションのように解体され、二の足を踏む不安、ツアーの疲労、創造性の破綻、故意の誤解、思いやることの痛みを明らかにしていく。

この叙情的なシニシズムを、このような音の歓喜と対比させるのは、砂糖のスプーン一杯でも、おとり商法でも、悪ふざけでもない。結局のところ、Sugar Ray の「Fly」の間抜けな至福感は、Mark McGrath の母親の死についての歌の影を落としている。「All Star」は気候変動について歌っている。ほとんどのサブライムの歌詞は最低だ。

しかし、ビールを飲み、間抜けな笑みを浮かべる余地はまだある。これらの先祖のように、Callahan & Witscher は最大限の高揚を目指し、スピードアップした日の出のように暖かく眩しいサウンドを目指している。当座貸越手数料にも負けず、下手な芸術にも負けず、自信喪失にも負けず。

関連記事
イベント情報
  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • 新世代ギター・ヒーロー INTERVALS の来日公演が決定!

  • Green Day (グリーン・デイ) の来日公演が決定!

  • UKリーズのポストパンク・バンド Yard Act 来日公演が決定!

  • Omar Apollo (オマー・アポロ) 単独公演