UKブライトンのインディーロック・バンド Johnny Foreigner、コンピレーション『The Sky and Sea were Part of Me』をリリース!

2024.06.12

UKブライトンのインディーロック・バンド Johnny Foreigner、イントロダクション・コンピレーション『The Sky and Sea were Part of Me (or I was Part of Them)』を 6/11 リリース!本作についてバンドは次のように説明する。愛と喜びが普遍的に不足している今、愛と喜びを宇宙に見出すというラウドで正しいロックのレコードをリリースできるのは、とても光栄なことだと感じている。このリリースは期限を28ヶ月過ぎている。私たちのタイミングはいつも最悪だ。しかし、正直なところ、私たちに選択の余地はほとんどなかった。

収録曲「Orc Damage」のリリックビデオを公開!

『How to be Hopeful』(9月リリース予定のニューアルバム) は、純粋にカオス・マジックの産物なのだ。長い間投げられていた石の波紋が戻ってきたのだ。あまりに重要で、あまりに個人的で、味わう価値のある瞬間と、展開するパターンに満ちていて、急ぐにはあまりに惜しいと感じたのだ。それに、私たちはもう年だし、仕事もある。このサウンドトラックは2枚並行していて、片面1枚ずつ、最悪なこと、奇妙なこと、そして最高のことが起こった12ヶ月の期間を描いている。同じ出来事の連続、異なる波紋、混乱と結果、そしてすべてがつながっている。

『The Sky and Sea were Part of Me (or I was Part of Them)』ストリーミング

これは私たちのセレブレーション・アルバムであり、恋に落ちて悩むのをやめたアルバムであり、私たちがチャンネルを合わせずにはいられなかった輝くカタルシスのコーダなのだ。2007年のアンチ・ノスタルジアな僕らと、歌う価値のあるものがなくなってバンドをやめてしまった2016年の僕らがエグゼクティブ・プロデューサーを務め、約3年間かけて執拗に企画・構成した、最も Johnny Foreigner らしくないアルバムだ。

数ある奇妙な偶然の糸(マジック)を通して、私たちは絶対的な-DREAM TEAM-である現代人を活用することができた。Dominique James は JT Soars でレコーディングを行い、Bob Cooper はプロデュースとマスタリングを担当した。もちろん、これは日本のレーベル Shore&Woods と契約したAlcopop! によるものだ!

リリースの詳細は追ってお知らせしますが、今はアルバムからの2曲と Evan Bernard がプロデュースした3曲のエクスクルーシヴ・ソング、そしてお化けピアノで構成されたイントロダクション・コンピレーション『The Sky and Sea were Part of Me (or I was Part of Them)』をお楽しみください。この2曲は、私たちにとって初めてのラブソングであると同時に、私たちを育ててくれたインディ・ボーイの悲しいシングル曲へのオマージュでもある 「What The Alexei」と、企業の貪欲さ、巻き添え被害、崩壊しつつある時代の終わりを重々しく描いた「Orc Damage」だ。

Johnny Foreigner は6月中旬より来日公演「Shore&Woods Recordings presents Johnny Foreigner Japan Tour 2024」が決定しています。

Shore&Woods Recordings presents Johnny Foreigner Japan Tour 2024

6/18 (火) 下北沢ERA
6/19 (水) 大阪心斎橋CONPASS
6/20 (木) 名古屋STIFF SLACK
6/21 (金) 三島ROJI
6/22 (土)宇都宮HELLO DOLLY
6/23 (日) 新宿Nine Spices
6/24 (月) 新代田Fever

チケット 前売り 4,500円
学割 3,500円

関連記事
イベント情報
  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • ロンドンの新星 Fat Dog、初来日公演が12月に決定!

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • Travis の Fran Healy (フラン・ヒーリー) によるソロ公演が決定!