USインディーロック・バンド Enumclaw、セカンドアルバム『Home in Another Life』を 8/30 リリース!

2024.06.12

Enumclaw

ワシントン州タコマ出身のインディーロック/グランジロック・バンド Enumclaw、セカンドアルバム『Home in Another Life』を Run For Cover Records から 8/30 リリース!先行シングル「Chage」のミュージックビデオを公開しました。バンドは「A Working Band Abroad」というショート・ドキュメントを公開し、ここまでの道のりについて次のようにメッセージを寄せています。

先行シングル「Chage」のMVを公開!

「A Working Band Abroad」のショート動画を公開!

この3年間、バンに座って、音楽が私たち4人の人生を想像もしなかったような形で変えていくのを見てきた。音楽という束縛剤なしでは正直ありえないような経験や友情をもたらしてくれた。音楽が私たちの生活の中心にあるとは思っていたけれど、こんな風になるとは思ってもみなかった。私は今日、バンドの最も正直な姿を皆さんにお見せするためにここに来ました。見るたびに感動する。Enumclaw からあなたへ!

Enumclaw のシンガー、アラミス・ジョンソンに、彼のバンドが発表したセカンド・アルバム『Home in Another Life』について少し話を聞けば、彼は自分がいかにミレニアル世代のミュージシャンだと思われたくないか、ロック・バンドで演奏することがいかに楽しいかを語るには、セラピーの言葉や絶え間ない弱さに深入りしすぎている人物だと言うだろう。

ジョンソンはまだ28歳で、若さゆえの威勢の良さは健在だ。ホーム・イン・アナザー・ライフ』を聴けば、そのエスプリはすぐにわかる。逃れられない「Spots 」でビール、Tバック、愛について語る彼の後ろでギターがうねり、金切り声を上げる様子、「Grocery Store 」の陽光に照らされたジャングルの上で、サリーのバカさ加減を歌ったフック、「Not Just Yet 」でアリーナ・サイズのドラムの上をよじ登るシャウト・アウト・プロテスト。昨年の冬、Enumclaw の4人がシアトルで4日間かけてレコーディングしたこのアルバムは、カリフォルニアの海岸線をトップダウンでドライブしている時や、中西部の夕日に向かって真っ逆さまに突き進んでいる時に聴きたくなるような、爆発的なアルバムだ。

しかし、『Home in Another Life』についてジョンソンと長く話し続けると、その手強いファサードは着実に崩れ去り、石垣がゆっくりと引き剥がされていく。これらの曲が息もつかせぬほど魅力的に聴こえるのは、ジョンソンの変わらぬ自信喪失と、自己改善への意欲、今以上の自分になりたいという願望の両方が原動力となっているからだ。この11曲のどれにも、ジョンソンの心が脈打つ曲の袖のすぐ下に隠されている。

ジョンソンは不安と絶望を忍耐と集中に切り替えたいと切望している。「I Still Feel Bad About Masturbation」は、あらゆる方向から恥を検証し、不完全さの中で自己受容を目指す。そして、「Change 」は1曲目からラストまで、自分を縛り付ける習慣を乗り越えようとする、ファックアップ以上の何かになろうとする絶対的なアンセムだ。自分の人生を理解しようとしているあなたは、本当にミレニアル世代なのだろうか?

すべてを把握するといえば、Enumclaw は『Home in Another Life』をカットする前に、かなりそれをやってのけた。2021年に Jimbo Demo カセットを発表したとき、ジョンソン、ドラマーのラダニエル・ジプソン、ギタリストのネイサン・コーネルはバンドというより、たまたまインディー・ロックが好きだったワシントン州の知人たちの緩やかな連合体だった。実際、ジョンソンのずっと弟のベーシスト、イーライ・エドワーズが加入したのは、話題となったデビューLP『Save the Baby』(2022年)の制作に間に合ったばかりだった。

その時でさえ、ジョンソンは明らかなリーダーであり、アレンジを加えた曲をバンドの他のメンバーに提供していた。しかし、それ以来、短い期間ではあったが多忙な日々を送り、アメリカやヨーロッパをツアーし、一緒に曲を作りながらコラボレーションを重ね、単なる実質的なバンド仲間と実際の友人とを隔てる壁を壊し始めた。ある時、ジョンソンはバンドの他のメンバーに、彼らの関係が自分の人生で最も傷つきにくく、現実的なものだとまで言った。彼は、それが変わることを望んでいた。

ジョンソンの最初の30年間の悩みがほとんどすべてを支えている『Home in Another Life』の率直さを考えれば、そうならないとは考えにくい。例えば、ジョンソンが10歳の時、父親が鎌状赤血球貧血の合併症で亡くなった。「Haven’t Seen the Family in a While, I’m Sorry」では、母親の誕生日を祝っているのに父親の遺灰が浮かんでくるのを見て、偶然の残酷さを考える。そして、「Not Just Yet」がどんなに重厚に聞こえても、それはデールおばさんとマイクおじさんのことであり、長い間彼をキャンプや教会に連れて行き、基本的に礼儀正しい子供になる方法を教えてくれた夫婦のことなのだ。

マイク叔父さんは最近、発症初期のアルツハイマー病と診断され、この曲はジョンソンの苦悩に満ちた頌歌である。そして、「Spots」、「This Light of Mine」、「I Want Some Things for Myself」といった赤ん坊のことを歌った複数の曲は、ジョンソンと彼のパートナーが単に準備が整っていないことに気づいた中絶の後、崩壊した有望な関係の実録である。

神とセックス、ドラッグと後悔について語られ、それらはすべて、成長することの重みと格闘している人からの直接の伝言である。”私はそれを変えることができますか?小さくできるか?” ジョンソンは 「Sink」の完璧な瞬間に歌う。これらの曲はまさにそうで、人生の葛藤を一度に3分間に縮めて、理解できるだけでなく、あっという間にとてもとても良いバンドになったバンドの喧噪の中で歌うことができる。

ジョンソンがミレニアル世代に媚びないのも納得がいく。彼は、インディー・ロックという白人の少ない空間で、ほとんどが黒人のバンドを率いる黒人男性であり、トラウマの味を求める聴衆のために、自分の感情を通貨としてばらまかれたくないのだ。そして彼は、私たちは誰もが自分自身の荷物を持っていること、私たちがなれると思うどんなものにもなれない悩みや障害を持っていることを知っている。

彼は迎合したくもないし、自分自身を必ずしも特別な存在だとも思っていない。しかし、『Home in Another Life』はそういう感じではない。このアルバムは、真実を楽しみ、残りの人生がどうあるべきかを整理しようとするときに生じるブルースを、すぐに忘れることのない歌に変換した、パワフルで痛烈なアルバムなのだ。このアルバムは、もっと何かをしたいが、その考えに囚われて今楽しい時間を過ごせないということを歌っている。

ワシントンのインディーロック・バンド Enumclaw、デビューアルバム『Save the Baby』をリリース!

私は、Enumclaw のようなアメリカという地で人生を賭けてバンドで有名になることを夢見ているバンドが大好きだ。彼らは、シアトル周辺のライブで出会い、Nirvana、90年代R&B、Drake への共通の愛で意気投合し結成された。シアトルの姉妹都市タコマで質素に、時には過酷な環境で育った Enumclaw にとって、2022年に Luminelle Recordings から発表したデビューアルバム『Save The Baby』の成功は、人生を変えるような非常に大きな前進だった。

ボーカルのアラミス・ジョンソンは、以前インタビューで「父親は10歳の時に鎌状赤血球貧血で他界し、母親はサブウェイの仕事場まで何マイルも歩いて通い、家族はEBTカードで食料を調達していた。幼い頃の親友は統合失調症と診断された」と幼少期の苦労を語っている。

バンド活動についても、「ブラック・コミュニティーの多くの人々が、スポーツやラップで成功しなければならないと感じているように、僕もバンドで成功しなければならないんだ。これが僕らとバンドの、本当の意味で人生をかけて何かをするための唯一の選択肢だと感じているんだ」とその思いを吐露している。Enumclaw のように人生で苦労し、屈辱を味わってきたような人たちが奏でるサウンドはどこか温かく優しい。男の度量は味わってきた屈辱の量で決まるというが、Enumclaw は正にこの言葉を体現している。

tracklist:
1. I’m Scared I’ll End Up All Alone
2. Not Just Yet
3. Sink
4. Spots
5. I Still Feel Bad About Masturbation
6. Haven’t Seen The Family In A While, I’m Sorry
7. Grocery Store
8. Change
9. Fall Came Too Soon And Now I Wanna Throw Up
10. This Light Of Mine
11. I Want Somethings For Myself

関連記事
イベント情報
  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • ジルベルト・ジル「アケリ・アブラッソ・ジャパンツアー 2024」の開催が決定!

  • While She Sleeps 来日公演