NYのアーティスト Lionlimb が Bayonet Records からニューアルバム『Limbo』を 5/24 リリース!

2024.03.25

NYを拠点に活動するシンガー・ソングライター/プロデューサー Stewart Bronaugh のプロジェクト、Lionlimb (ライオンリンブ) が Bayonet Records からニューアルバム『Limbo』を 5/24 リリース!リード・シングル「Hurricane」のミュージックビデオを公開しました。

70年代のイタリア映画のサウンドトラック、60年代のガールズ・グループ・ミュージック、そしてファンクとソウルのバラードからインスピレーションを得た Lionlimb は、ミステリアスで別世界のようでありながら、時代を超越したノスタルジックなサウンドスケープを作り上げた。Angel Olsen をはじめとする多くの素晴らしいヴォーカルに加え、親しいコラボレーターである Joshua Jaeger の生ドラムが、緻密にレイヤー化された『Limbo』のプロダクションに生々しさをもたらしている。

Lionlimb は個人的な苦悩をラブソングに変換することで、『Limbo』はロマンス、憧れ、喪失感といった普遍的なテーマを掘り下げている。サイケデリックな楽器が広大な風景を想起させるように、彼は自然からインスピレーションを得たイメージを使って、自分自身よりも大きな力に圧倒されることを表現している。

音楽に取り組んでいるときは、自分の世界を作ろうとしているような感じなんだ。どこか別の場所に存在したいという感覚なんだ。何かを表現して、自分の頭や体から抜け出そうとしているんだ。

『Limbo』のプロダクションは超現実的な逃避の感覚を呼び起こすだけでなく、ブローノーの過去との格闘を強調している。リード・シングルの「Hurricane」では、Lionlimb は意味を探すことを歌い、泡立つようなシンセとぶつかり合うドラムが、叩きつけるような雨と稲妻の中での不安定さを連想させる。

「Hurricane」は、逃避と、人間であることの不安や居心地の悪さから解放され、フロー状態に入れる感覚を探すことについて歌っている。創造性は助けになるし、もっと有害な方法もある。この曲は、そういったものに別れを告げることを歌っている。

関連記事
イベント情報
  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Tones And I 来日公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • Bruno Mars (ブルーノ・マーズ) 来日公演

  • 羊文学、横浜アリーナワンマンライブ「羊文学 LIVE 2024 "III"」を開催!