マイク・キンセラのソロ・プロジェクト Owen、ニューアルバム『The Falls of Sioux』を 4/26 リリース!

記事には広告を含む

American Football でも活躍する Mike Kinsella のソロ・プロジェクト Owen、ソロ・ニューアルバム『The Falls of Sioux』を 4/26 リリース!先行シングル「Beaucoup」のミュージックビデオを公開しました。マイク・キンセラのソングライティングは、20年以上にわたって広く影響力を持ち、新しい章が始まるたびに着実に研ぎ澄まされ、進化してきた。American Football、Cap’n Jazz、最近の LIES、その他のコラボレーション・ベンチャーに加え、Owen としてのソロ活動においても、キンセラのギザギザの感情の流れをシームレスにつなぎ合わせ、胸が締め付けられるような美しい曲に仕上げる能力は、彼の芸術の最前線にあり続けている。このコントラストは、Owen が控えめなアコースティック・アルバムから、より華やかなプロダクションへと展開するにつれて、よりはっきりとしたものとなり、2020年の『The Avalanche』のリリースまでには、複雑さと明瞭さの新たなレベルに達している。キンセラの最新作『The Falls of Sioux』は、さらにレベルアップしている。この9曲は一種の改革を象徴していると同時に、芸術的にも個人的にもキンセラの成長における自然な次のステップのようにも感じられる。このアルバムは、確立されたサウンドに穴を開け、ありそうでなかった音楽的アイデアを探求している。重いテーマは優しい手つきでひっくり返され、キンセラは、苦労して得た人生経験から来る深い視点を宿している。

『The Avalanche』は、キンセラの最も暗い日々を淡々と描いたもので、離婚による感情的な落ち込みや、悲しみと喪失のグラデーションを赤裸々に描いている。その日々は忘れ去られたわけではないが、『スーの滝』ではそのピースが拾い上げられた。痛みを伴う裂け目の向こう側にしっかりと立ち、激しさを増す瞬間は、苦悩に満ちたものではなく、自信に満ち溢れ、探求的である。曲の中には、若い頃ならパニックや自己嫌悪に陥ったかもしれない対人関係が詳細に描かれているが、今のキンセラはリラックスした笑みを浮かべている。このアルバムで最も明るい曲のひとつである「Virtue Misspent」では、滑るようなシンセと温かみのあるヴォーカル・ハーモニーが、破滅的な愛の残酷な歌詞と並置されている。また、「Mount Cleverest」の陽気でクラシック・ロックに近いバウンスもそうだ。この軽快なバンガーは、晴れた夏の日の最高潮のように感じられるが、「Fuck all y’all(みんなくたばれ)」という疲れ果てた感情に帰結する。

過去数作の Owen と同様、キンセラは共同プロデューサーの Sean Carey (Bon Iver) と Zach Hanson (Bon Iver、Low、Waxahatchee) と仕事をし、Now, Now の KC Dalagerをバッキング・ヴォーカルに迎えた。Russell Durham (Fleet Foxes、Andrew Bird) がストリングス・アレンジメントを作曲し、Corey Bracken (American Football のツアーバンド) がシンセを演奏した。キンセラのサウンド・パレットは、いとこのネイトと最近組んだ境界を押し広げるグループ、LIES に大きな影響を受けている。エレクトロニック・プロダクションの限界に挑戦することで、キンセラは Owen のために作曲する際に、それまで考えもしなかったサウンドに傾倒するようになった。「Beaucoup」のアコースティック・ギターの弦は、シューゲイザーのテクスチャー、深いシンセ・ベース・シークエンス、ノイジーなエレクトロニクスの波にゆっくりと洗われていく。「Hit and Run」は、ゴージャスなストリングスと遠くのピアノが散りばめられた、安定した抑制されたチェンバー・ポップであり、オープニングの「A Reckoning」のウェスタン・ノワールの雰囲気は、キネスラが曲中にベルを入れ続けるためにプロデューサーと喧嘩しなければならないほどドラマチックなチューブラー・ベルによって強調されている。その目的は、安全で確実な選択をするのではなく、未知の興奮を受け入れることだった。

その開放的な音楽は、キネセラの最も不安定な歌詞でさえも、ほとんど遊び心に満ちたカウンターウェイトとして提供し、Owen のディスコグラフィーの中で、これまで全く登場しなかった新しい位置づけを『The Falls of Sioux』に与えている。それは、困難な冬が予想以上に素敵な春へと溶けていくのを見るようなもので、悪い時期との距離感が、振り返って笑うことを容易にしている。何よりも、このアルバムは、どんなに切れ味のある一言を吐いても、どんなに哀愁を帯びた曲を歌っても、自己受容の感覚に満ちている。キンセラは、アーティストがクリエイティヴな道を歩む上で、ある角を曲がったときにだけ起こるような方法で、自分自身と自分の技術に心地よさを感じているようだ。『The Falls of Sioux』では、彼はあらゆる角度から見られるかもしれないことを臆することなく語っている。ある程度まで、これは常にキンセラの M.O. であったが、曲が成人初期の二日酔いの罪悪感やコミュニケーション不全を歌ったものでなくなり、人生が起こり続ける中で必然的に表面化する、非常に現実的な失望や中断に移ると、また違ってくる。決して後退することのないキンセラは、現在自分がいる場所の混乱、後悔、そして再起を、優雅さと正直さ、そしてもちろん痛烈なユーモアを交えて描いている。The Falls of Sioux』を通して、Owen について変化した事柄は、変わらなかった事柄と同じくらい価値あるものとなった。