ネイト・キンセラのプロジェクト Birthmark、ニューアルバム『Birth of Omni』をリリース!

2023.11.17

American Football、Joan of Arc としても活動するネイト・キンセラのプロジェクト Birthmark、ニューアルバム『Birth of Omni』を Polyvinyl Records から 1/19 リリース!ニューシングル「Rodney」のミュージックビデオを公開。『Birth of Omni』は暗闇の中から始まった。5年前、ネイト・キンセラが Birthmark 名義で5枚目のアルバムを書き始めたとき、彼の世界は他の多くの人々と同じように、ひっくり返ったように感じた。トランプ大統領が誕生して1年が経過し、銃乱射事件や人種差別による暴力事件など、どこにでもあるようなアメリカの熱気の中にあった2018年初頭のことだ。そのわずか数カ月前、MeToo 運動による衝撃的な暴露が彼を動揺させ、彼のナイーブさに終止符を打つとともに、彼の人生において女性たちが男性たちをどのように見ているのかを知るきっかけとなった。40歳を目前にして、彼はついに父親にもなった。どんな世界に子供たちを連れて行くのだろう?初期の曲は、この不安な疑問の中でもがき苦しみ、特に気分が高揚するわけでもないEPになるかもしれないと思っていた。

収録曲「Red Meadow」のMV公開!

しかし5年後の『Birth of Omni』は、万華鏡のようなサウンドと感情の不思議で、キンセラが最初に自分自身に投げかけたのと同じ問いを投げかけながら、意外な答えに辿り着いた。悲しんだり悩んだりする機会はあふれているが、彼は変化の可能性、驚きの喜び、存在の本質を祝福したいとも考えていた。重厚なビートと天国のようなハープ、滝のようなハーモニーと静かな賛美歌、残忍なノイズと至福のアルペジオが織り成す10曲は、結婚、子育て、そして人生そのものの高揚と低迷、苦悩と勝利を表現している。Joan of Arc、American Football、LIES、Make Believe のレコードはすべて聴いたことがあるかもしれないが、キンセラのこんなサウンドは聴いたことがないだろう。

もちろん、この最初のスケッチを生み出した一連の出来事は終わらなかった。しかし、『Birth of Omni』の制作を始めて2年目にパンデミックが始まると、キンセラは現実の停止を自分自身のルールを忘れるための招待状と受け取った。彼は、自分の声がまだ自分の声なのかどうか疑問に思うほどソフトウェアで声を歪め、電気的なフラクタルによってたゆたわせ、あるいは汗がにじむように伸ばした。そして、隔離された山小屋やニューヨークのアートスペース、パイオニア・ワークスでの一連のレジデンスでは、ASMR の朗読やサンプリングされたボイスメール、変異したディスコやケルビック・ポップ、オーケストラのエモーションなどを融合させ、かつてないほどジャンルに飛び込んだ。ゲストや友人の Arone Dyer、Greg Fox、Jeff Tobias、リッチモンドの Spacebomb など、そうそうたる顔ぶれが、こうした思いがけない合成に到達する手助けをした。前例のない現在において、過去とは何だったのか?

収録曲「Boyfriend」のMV公開!

『Birth of Omni』の根底にあるのは、親であること、具体的には自分自身の特権や偏見を振り返ることである。キンセラは、オープニングの「Snowflake in My Palm (Not for Long)」の中で、自分の時間と注意を子供たちに向けることは、自分の人生の終わりを意味するのか、それとも自分を実際に重要な存在にしているものなのか、と疑問を投げかける。初期の Sufjan Stevens の交響曲のように美しい「Butterfly」では、彼は裏庭でくすくす笑う娘たちと戯れるが、その無邪気な追いかけっこが、いつか自分たちが有害な男から逃げ出さなければならなくなることを予感させるのだ。(ダイアーが歌う、Joan Armatrading の密かに破滅的な「Baby Woncha Come Home」のカバーは、そんな出会いを肯定している)。彼が歌うように、彼の子供たちは「私が変わるのを助けてくれる」のだろうか?

「I’m Awake」は、記憶と存在論に関するピアノの瞑想から、経験が訪れても無垢な感覚を保つための頌歌へと着実に上昇していく。キンセラと彼の子供たちは、”rainbow” のスペルが正しくなるまで練習を重ねる。この曲は、不吉な雲の切れ間のように未来が開けていくような、そんな変化がある。しかし、その1曲後、子供たちの叫び声の中に銃声が鳴り響き、クローザーの “Pretty Flowers “が中断される。これは、この新しい父親が迷い込んだときに頭をよぎる終末のリールを正直に映し出したもので、人生の本当の危機を思い起こさせる衝撃的なものだ。しかし、「Pretty Flowers」は、彼の子供たち、”The good that I feel” への賛辞として戻ってくる。それは、『Birth of Omni』であり、ミニチュアである。

収録曲「Snowflake In My Palm (Not For Long) / Butterfly」のMV公開!

実際、キンセラは『Birth of Omni』の制作に取り組みながら、自分自身のセクシュアリティを見つめ直し、40年間きちんと着こなそうとしてきた男らしさという社会的な窮屈な枠に自分が決して収まらないことを受け入れた。家庭を持ち、中年にさしかかった今、自分が誰かのストレートな夫以上の存在であることを認めることができるだろうか?彼はそれに対処できるだろうか?キンセラは『Birth of Omni』について告白している。

彼が “オヤジ・レコード” と呼んでいるもの、中年にさしかかった彼の心境、カメレオン的な曲の多様な音楽的魅力など、誰も気に留めないかもしれない。特にポリビニールが彼の作品を支持してきたのだから。しかし、そのような弱さと自己改革こそが、『Birth of Omni』の意義なのではないだろうか。自分自身について正直になり、オープンになることで、自分自身、そしてできれば自分の子供たち、さらには世界を少しでも良くしていこうとするのではないだろうか。結局のところ、彼はこのアルバムをひとりで書き、レコーディングし、プロデュースし、ミックスし、マスタリングした。『Birth of Omni』は暗闇の中で始まったが、今は本質的な現実の光の中で存在している。私たちの役割は変化する。私たちの役割は変わり、私たちも変わるのだ。

『Birth of Omni』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • LANY 来日公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!