Melvins、ニューアルバム『Tarantula Heart』を 4/19 リリース!

記事には広告を含む

米ワシントンで結成されたロックバンド Melvins、ニューアルバム『Tarantula Heart』を Ipecac Recordings から 4/19 リリース!先行シングル「Working The Ditch」を公開しました。Melvins の最新作『Tarantula Heart』は、バンドにとって最も型破りで想像力豊かな作品であると同時に、最もキャッチーな作品でもある。

とても不思議なアルバムで、私はそれを知らずに制作を手伝った。間違いなく、これまで参加した中で最も奇妙なアルバムだ – スティーブン・マクドナルド

バズ・オズボーンは、本作について次のように説明する。

『Tarantula Heart』へのアプローチの仕方は、他のどの Melvins のアルバムとも違っていた。デールとロイ・マヨルガに来てもらって、スティーヴンと僕と一緒にリフを弾いてもらった。これは今までのスタジオのやり方とは違う。普通は、レコーディングに入る前に曲を作っておくものなんだ。

『Tarantula Heart』の大部分はドラム・パートが2つある、と長年 Melvins のドラマーだったデイル・クロヴァーは付け加える。

ロイは素晴らしいドラマーだ。ロイは素晴らしいドラマーだよ。即興でリフを作ったり、ドラム・フィルを交換したりね。実際には、何もないところから何も出てこなかった。バズは何時間も何時間もドラム・トラックと向き合い、ドラムの音に合わせて曲を書いていた。私がセッションで作った曲をバンドの他のメンバーが聴いたとき、彼らは圧倒されたよ。彼らは今まで聴いたことのない、まるで空中から現れたかのような新曲を完成させたんだ。

Melvins の長年のコラボレーターである Toshi Kasai がレコーディング、ミキシング、共同プロデュースを手がけたこのアルバムには、We Are The Asteroid のギタリスト、Gary Chester も参加している。ゲイリーと Melvins の歴史は、彼らがボーナー・レコードに在籍していた頃に遡り、ギタリストの彼はかつて伝説のバンド、Ed Hall に在籍していた。

来月、Melvins は海外に向かい、現在のレーベルメイトである Mr. Bungle とオーストラリアとニュージーランドを横断するツアーに参加した後、2019年以来初めて日本で演奏する。