実験音楽とアンビエント・ミュージックで知られる特異なアーティスト claire rousay、ニューアルバム『sentiment』を 4/19 リリース!

記事には広告を含む

Claire Rousay

実験音楽とアンビエント・ミュージックで知られるテキサス州サンアントニオの音楽家 Claire Rousay (クレア・ルーセイ)、ニューアルバム『Sentiment』を Thrill Jockey から 4/19 リリース!日本盤は HEADZ からCDリリースが決定。本作『Sentiment (センチメント)』は、孤独、ノスタルジア、感傷、罪悪感、セックスといった痛烈な感情の地形についての瞑想である。このアルバムの物語的な弧は、繊細な音楽的身振りと芸術的な弱さによって導かれ、異質で思いがけない影響を大胆に統合している。Claire Rousay は、実験音楽とアンビエント・ミュージックの形式における慣習に挑戦することで知られる特異なアーティストである。彼女の音楽は、キュレーター的で細部まで粒状であり、感情に影響を与える作品へと巧みに形作られている。

先行シングル「head」を公開!

彼女の親密で日記的な歌詞は、機械的なボーカル・エフェクトとは対照的で、つながりを求める力強い願望、深い憧れ、そして別離の余韻を強調している。余裕のあるギター演奏と饒舌なテンポは、楽曲を牽引すると同時に、諦観を漂わせる。彼女の繊細なニュアンスの達人ぶりは、彼女の探求的な音楽の過去に基づくもので、真摯な姿勢と賞賛の念をもって、冒険的なテクスチャーと独特な構成にシームレスに織り込まれている。

Hand Habits をフィーチャーした「ily2」を公開!

Waterworks 2023 に出演したパフォーマンス映像

私は自分が尊敬する世界やコミュニティに属したい。

フェンダー・ギターを使ったり、カート・コバーンのような格好をしたりするのと同じ。ヒーローの真似をするんだ」とルーセイは言う。このアルバムは、彼女が影響を受けた詩的な魂とドキュメンタリー的な心のバランスがとれており、Claire Rousay は国中の家で一人暮らしをしながら、ギターを学び、ポップミュージックと再会する人生の瞬間をとらえている。音から純粋な感情を呼び起こす彼女の天性の能力は、ポップ・フォームの楽しい受け入れ、フィールド・レコーディングに見られる脆弱性、ミニマルなアレンジ、革新的なサウンド・チョイスに由来する。

◾リリース情報
企画番号:THRILL-JP 59 / HEADZ 263
価格(CD):2,200円+税(定価:2,420円)
発売日:2024年4月19日(金)
フォーマット:CD / Digital
バーコード:4582561400988

tracklist:
1. 4pm
2. head
3. it could be anything
4. askin for it
5. iii
6. lover’s spit plays in the background
7. sycamore skylight
8. please 5 more minutes (feat. Lala Lala)
9. w sunset blvd
10. ily2 (feat. Hand Habits)
11. ruby
12. shameful twist
tracks 11, 12 …日本盤のみのボーナス・トラック